コラム
» 2009年08月17日 19時24分 UPDATE

ふぉーんなハナシ:富士通ケータイで“はるひ学園フォント”はいかが?

ただしダウンロードフォント対応機に限る。ちなみに某アニメ作品とは、まったく……。

[ITmedia]

 富士通端末といえば、いろいろと設定をいじることで、自分好みの端末にカスタマイズできるところが魅力の1つ。最近の富士通端末はフォントのカスタマイズにも対応しており、プリセットフォントや公式サイトからダウンロードしたフォントから好みのフォントを選んで設定できる。同じ端末を使い続けて飽きてきたときなどにフォントを変えると、けっこう新鮮な気分を味わえるものだ。

Photo 「F-09A」のプリセットフォントとダウンロードフォント。F-09Aには、漢字/英数字のフォントとして「丸ゴシック」「リュウミン」「丸フォーク」、ひらがな/カタカナのフォントとして「プリティ桃」がプリセットされる。ダウンロードフォントは「タカハンドM」「はるひ学園」「那欽」「はせトッポR」の4種

 ダウンロードフォントを落とそうと、久々に富士通の携帯向け公式サイト「@Fケータイ応援団」にアクセスしてみると、見覚えのある「タカハンドM」「那欽」「はせトッポR」に加えて、「はるひ学園」なるフォントが登場していた。

 “はるひ”“学園”とくれば、某アニメ作品と関係あるのではと深読みしてしまうが、この件について調べたというデジハリのブログによると、フォントの作者の名前に由来しているとのことで、実際には何の関係もないそうだ。

Photo 左が“はるひ学園”、右が“丸フォーク”でサイトを表示したところ。モリサワによるとはるひ学園は、「素朴なかわいらしさとデザイン的な楽しさをもつオリジナル書体」とのことだ

 フォントの設定変更は「Menu」(左上ソフトキー)→「設定/MNサービス」→「ディスプレイ」→「文字表示設定」→「フォント設定」で行える(F-09Aの場合)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう