レビュー
» 2009年09月02日 18時46分 UPDATE

今日のアプリ第447回:写真:被写体をミニチュア化するiPhone向けチルトシフトカメラ「TiltShift Generator」

レンズをチルトさせたり、シフトさせたりすることで、被写界深度をコントロールし、実際の風景をミニチュアのように撮影した写真を見たことがありませんか。「TiltShift Generator」は、iPhone上でチルト/シフトの効果を実現できるアプリです。

[iPhone・iPod touch ラボ]
iPhone・iPod touchラボ
Photo

 「チルト」「シフト」は、被写界深度を調節することで、実際は大きいはずのものをミニチュアのように見せるテクニックです。撮影には非常に高価なレンズが必要となりますが、今日のアプリ「TiltShift Generator」は、そのレンズの効果を再現することで、iPhoneで撮影した写真をミニチュア化することができます。

 これまで、App Storeにある同様のアプリをいくつも試してきましたが、操作性や作品の出来映えで、満足させてくれるものはありませんでした。このTiltShift Generatorは、「ToyCamera」「QuadCamera」などで知られるTakayuki Fukatsu氏と、「NatsuLion for iPhone」のTakuma Mori氏とのコラボレーションによるもので、完成度で他と一線を画しています。

 素材となる画像は、iPhoneのカメラで撮影、または写真ライブラリから選択します。被写界深度のエフェクト(ボケ)は、円心状のものと線状のものがあり、ドラッグ・ピンチイン/アウト・スライダーで調節ができます。

 また、写真の「色み」を調節することで、トイカメラ調の画像に仕上げることも可能です。

PhotoPhoto

「VIGNETTING」で周辺の明るさをすこし落としてあげると、より一層雰囲気を出すことができます。出来上がった作品は、写真ライブラリに保存できるほか、メールへ添付・Twitterへの投稿が行えます。

PhotoPhoto

 駅前で撮影した写真を使って試してみました。

 歩いている人が小さく見えるのがお分かり頂けるでしょうか(画像をクリックすると拡大します)。

Photo

 キャンプ場で撮影したトレーラー。実物はバスのような大きさですが、オモチャのように小さく見えます。

Photo

 サンフランシスコのアップルストアの例。あまりミニチュア化されていないようですが、試行錯誤をして設定を調整するのも、楽しい作業です。

Photo

 お台場の実物大ガンダムを撮影し、ミニチュア化してみました。大きいはずなのになんとなく小さく見えるから不思議です。

Photo

 チルトシフトの効果を際立たせるには、被写体からある程度離れて撮影した方がよさそうです。またできれば、高い所から見下ろしながら撮ると、ミニチュアを見ているような錯覚をしやすい写真になると思います。

 リリースを記念して、350円のところを2週間限定で115円で販売しています。購入するならこの機会をお見逃しなく。

今日のアプリ 第447回
タイトル TiltShift Generator
カテゴリ App Store > 写真
開発 Takayuki Fukatsu
対応機種 iPhone
価格 350円


Copyright (c) 2007-2014 iPhone/iPod touch Lab, All Rights Reserved.