ニュース
» 2009年09月09日 12時16分 UPDATE

ライフログを記録し、学習内容に合わせ光り、音を奏でる──新コンセプト「Polaris」

iidaとしては初めてのコンセプトモデルが、フラワー・ロボティクスをパートナーに迎え開発した「Polaris」だ。ユーザーの情報をライフログとして記録し、分析・学習した結果をモニターに映し出したり、学習内容に合わせて光、音を奏で、さまざまな動作を見せる。

[園部修,ITmedia]
Photo 新たに開発されたコンセプトモデル「Polaris」

 KDDIが「iida」ブランドを立ち上げてから初めて発表するコンセプトモデルが、携帯電話と連携する学習機能を持ったロボット「Polaris(ポラリス)」だ。開発は2001年に設立された新興のロボットメーカー、フラワー・ロボティクス。同社は、周囲の状況を知り、それらの情報を元に自身のシステムで状況を判断して対応できる自立型のロボットの開発をめざしている。デザイナーは松井龍哉氏と炭本直彦氏。

 Polarisは「携帯電話と学習機能を持ったロボットを組み合わせた、まったく新しいモバイルプロダクトの提案」(KDDI)。常に持ち歩いている携帯電話でユーザーのさまざまな情報をライフログとして記録し、球体型のロボットに携帯電話を載せると、記録した情報を分析して、学習した結果をモニターなどに表示してアドバイスをくれる。また、ロボット本体は学習した内容に合わせて光ったり、音を奏でたり、表情豊かに動作したりする。まるでソニーのサウンドエンターテインメントプレーヤー「Rolly」のようなかわいい存在だ。

 コンセプトモデルという位置づけなので、具体的な製品化の予定などはないほか、どのようなライフログを収集するか、どのような情報を分析するのか、といった具体的な部分は未定とのこと。

PhotoPhotoPhoto ロボットと携帯電話が連携する新たなコンセプトモデル「Polaris」。その名は北極星から名付けられた

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.