ニュース
» 2009年09月12日 13時23分 UPDATE

第3世代iPod touchとiPhone 3GS、どっちが速い?

第2世代のiPod touchは、iPhone 3Gの登場からほどなくして発売されたが、そのCPUのクロックはiPhone 3Gよりも高く、動作も若干速かった。では、iPhone 3GSの発売後に販売が始まった第3世代のiPod touchは、iPhone 3GSよりも高速なのだろうか。簡単に調べてみた。

[園部修,ITmedia]

 先代のiPod touchと比べて、「処理速度が最大50%高速化した」とApple上級副社長のフィル・シラー氏が紹介した第3世代のiPod touch。第2世代のiPod touchは、iPhone 3Gよりもプロセッサの動作クロックが高く、動作が若干速かった。では今度のiPod touchも、先に発売されたiPhone 3GSよりも高速なのだろうか。

Photo 第3世代iPod touch(左)とiPhone 3GS(右)

 iPod touchの詳細なスペックは、無料のアプリ「Checkup」で簡単に調べられる。そこで、さっそくOSを3.1.1にバージョンアップした第3世代のiPod touch(32Gバイト版)と、OS 3.1のiPhone 3GS(32Gバイト版)でスペックの確認と簡単なテストを実行してみた。

PhotoPhoto 左が第3世代iPod touch。、右がiPhone 3GS。CPUの動作クロックやバスクロックはどちらも同じだった
PhotoPhoto ちなみにこちらは第2世代iPod touch(左)とiPhone 3Gのスペック。第2世代iPod touchの方が若干クロックが高い

 Checkupを立ち上げてみたところ、第3世代iPod touchのCPUの動作クロックは600MHz、バスクロックは100MHzだった。253Mバイトのメインメモリと合わせ、すべてiPhone 3GSと同じだ。

PhotoPhoto CPU、Memory、Storageのテストを実行した結果。Storage以外はほぼ同等の結果となった

 CPU、Memory、Storageのテスト結果もほぼ同等といっていい数値。強いて挙げるとすれば、ストレージの読み書きは若干第3世代iPod touchの方が高速なようだが、操作をしていて違いを感じるほどではない。採用するメモリのメーカーやスペックはロットによって変わる可能性もあるので、このあたりは個体差と考えた方がいいかもしれない。

 プレスイベントでは、ゲームプラットフォームとしての魅力も強くアピールされていたiPod touch。また、今回は8Gバイト版を199ドルに値下げするなど、価格の安さも打ち出した(8Gバイト版はスペックが旧モデルと変わらない可能性がある)。iPhone 3GSと同じアプリケーションプロセッサを利用することで、性能を上げつつコストを抑え、さらなる普及を狙っているだろうか。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.