コラム
» 2009年09月17日 21時19分 UPDATE

ふぉーんなハナシ:スライドの“裏側”がすごい機種

筆者はスライド端末を手に取ると、思わずチェックしてしまう個所がある。それは――。

[田中聡,ITmedia]

 一昔前は「折りたたみ型」がケータイの形状の大半を占めていたが、最近は「スライド型」のモデルも増えつつある。このスライド端末には、広報用の写真では滅多に公開されない部分がある。それは“ディスプレイの裏側”だ。

 スライド端末のディスプレイの裏側には、ディスプレイ面をスライドさせるための“レール”が設けられている機種が多いが、正直なところ、あまり見栄えはよくない。だが、このスライドのレールを排した端末を開発しているメーカーをご存じだろうが。レビューやインタビュー記事などで何度か紹介しているが、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズのau向けスライド端末には、レールのないモデルが多い。

 同社がここ数年で開発したスライド端末は「ウォークマンケータイ W42S」「ウォークマンケータイ W52S」「Cyber-shotケータイ W61S」「Walkman Phone, Xmini」「Cyber-shotケータイ S001」「G9」など。W42Sには細いレールがあるが、そのほかのモデルにはレールはなく、フラットな面を形成している。もちろんレールがなくても使用感に影響はない。筆者はW61Sを1年4カ月ほど使っているが、スライドの動作に違和感を覚えたことはない。

 ディスプレイ裏面がツルツルのW61Sを1年以上使っていることもあり、筆者はほかの機種でスライドのレールを見ると、端末全体のデザインが優れていても、どこか不完全な印象を抱いてしまう。ディスプレイ裏側は人目に触れる機会は少ないものの、デザインの整合性にこだわったソニー・エリクソン開発陣のこだわりが感じられる。今後発売される(であろう)同社のスライド端末でも、その設計魂を貫いてほしいと思う。

photophotophoto 左から「ウォークマンケータイ W42S」「ウォークマンケータイ W52S」「Cyber-shotケータイ W61S」
photophotophoto 左から「Walkman Phone, Xmini」「Cyber-shotケータイ S001」「G9」

 参考までに、ディスプレイ裏側にレールのあるスライド端末の一部を掲載します。どの写真がどの機種の“裏側”か、すべてお分かりでしょうか?(答は関連キーワードの下に掲載)

photophotophoto
photophotophoto
photophoto
※左上から「F-09A」(NTTドコモ/富士通製)、「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」(ソフトバンクモバイル/シャープ製)、「FULLFACE 2 921SH」(ソフトバンクモバイル/シャープ製)、「P704i」(NTTドコモ/パナソニック モバイルコミュニケーションズ製)、「V801SA」(ボーダフォン※現ソフトバンクモバイル/三洋電機製)、「D901i」(NTTドコモ/三菱電機製)、「WILLCOM 03」(ウィルコム/シャープ製)、「biblio」(au/東芝製)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう