ニュース
» 2009年09月24日 15時55分 UPDATE

CEATECに出展:“間引きしたヒノキ”がケータイに――ドコモが「TOUCH WOOD」を試作

ドコモら4社が、国産間伐材のヒノキを採用した携帯電話の試作機「TOUCH WOOD」を開発。高度な耐久性や耐水性、防虫/防カビ性を備える携帯に仕上がったという。

[ITmedia]

 NTTドコモ、more trees、オリンパス、シャープの4社が、国産間伐材のヒノキ(四万十原産)を使った携帯電話の試作機「TOUCH WOOD」を開発した。「SH-04A」をベースとした端末と、木の手触りや手になじむ感触のよさを追求したモックアップの2種を、2009年10月6日に開幕するCEATEC JAPAN 2009のドコモブースで披露する。

Photo 国産間伐材のヒノキ(四万十原産)を使った「TOUCH WOOD」

 TOUCH WOODは、森林を育てるために間引かれた木材(ヒノキ)を素材に使った木製の携帯電話。本物の木材を利用していることから、木目や色合いが1台ごとに異なるのが特徴。無塗装のため、木の質感を保ちながら、圧縮加工によるツヤとヒノキ独特の香りを楽める。

 木材はこれまで劣化の問題が解決できず、携帯電話にはフェイク素材が活用されてきたが、TOUCH WOODではオリンパスの三次元圧縮成形加工技術により、高度な耐久性、耐水性、防虫/防カビ性を実現。劣化面での性能を損なわない端末開発に成功したという。

 TOUCH WOODには、音楽家の坂本龍一、細野晴臣、高橋幸宏、中沢新一、桑原茂一の5人を発起人とする森林保全プロジェクト「more trees」が管理する四万十原産の間伐材のヒノキを採用。端末のGUIはmore treesの賛同人で写真家の瀧本幹也氏の作品をベースに制作している。

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-