ニュース
» 2009年09月30日 11時32分 UPDATE

1台でWiMAXとWIN、電波状況に応じて自動切り替え――KDDI、データ通信カード4種を発売

電波状況に応じてWiMAXとWINを自動で切り替え――。KDDIが12月以降、WiMAX機能を搭載したWINデータ通信カード4種を発売する。

[ITmedia]

 KDDIは、WiMAX機能を搭載したWINデータ通信カード4種を12月以降、順次発売する。

 いずれも日立製作所製の端末で、「DATA01(定額制プラン用)」「DATA03(従量制プラン用)」がUSBタイプ、「DATA02(定額制プラン用)」「DATA04(従量制プラン用)」がExpress Cardタイプ。WiMAXエリアでは下り最大40Mbps(上り最大10Mbps)、CDMAエリアでは下り最大3.1Mbps(上り最大1.8Mbps)のデータ通信サービスを利用できる。

Photo USBタイプのDATA01(左)とDATA03(右)
Photo Express CardタイプのDATA02(左)とDATA04(右)

 電波状況に応じて自動で通信方式を切り替えるハンドオーバー機能を実装するのが特徴。WiMAXは現状、首都圏、名古屋、京阪神でサービスを提供しており、WiMAXを利用できないエリアもある。WiMAX機能搭載のWINデータ通信カードを使えば、端末を差し替えることなく、WiMAXエリア外では下り最大3.1MbpsのWINによるデータ通信を利用できる。

 インターネット網への接続に加え、KDDIのイントラネット網対応のリモートアクセスサービス「CPA」も利用可能。インストーラーは本体に内蔵され、CD-ROMドライブを装備しないPCでもセットアップできる。また、接続先を限定する接続先限定機能など、法人向けの機能も搭載した。

 端末の利用にあたってはau.NETを利用するか、au one netへの契約が必要となる。料金プランについては、定額制プラン、従量制プランとWiMAXを含めた専用料金プランを用意するとし、詳細は別途発表するという。

 KDDIは同端末を、10月6日から10月10日に開催される「CEATEC JAPAN 2009」のKDDIブースに出展する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.