ニュース
» 2009年10月06日 11時50分 UPDATE

CEATEC JAPAN 2009:CEATEC JAPAN開幕、“頭脳”“立体”テレビが注目を浴びる

アジア最大級のITエレクトロニクス総合展示会「CEATEC JAPAN」が開幕した。今年の目玉はやはり3Dテレビだ。

[渡邊宏,ITmedia]

 アジア最大級、ITエレクトロニクスの総合展示会「CEATEC JAPAN」が今年も幕張メッセにて開幕した。不況といわれ久しい経済状態が続くが、会場には新技術による状況打破を目指した各社製品が一堂に会し、注目を浴びている。

photo 開催先日に「Cell REGZA」を発表した東芝ブース

 その筆頭が薄型テレビ。会場をみる限り「大画面低価格化」といったムーブメントは過去のものとなり、高画質化はもちろん、さらなる高機能化や高付加価値化にかじを切った製品が多く見られる。

 東芝は高い処理能力を持つ「Cell Broadband Engine」を搭載した「Cell REGZA」、パナソニック、ソニー、シャープはいずれも一般家庭用途を意識した3D対応テレビを展示しており、“未来のテレビ”を来場者へアピールしている。なかでもソニーはブースに「Sony brings 3D Home in 2010」のキャッチコピーを掲げ、3D元年の到来が来年であることを強調している。

photophoto パナソニックの展示するフルHD 3Dテレビ(写真=左)。同社は3D対応BDプレーヤーも参考展示している(写真=右)
photophoto ソニーはブースのメインコーナーで高々と「3D」をアピール。ゲームや映画、スポーツなど各種3Dコンテンツを体験できるブースを複数用意する
photophoto 「Cell REGZA」(写真=左)、Cell REGZAのパワーを利用した3D映像生成デモも行われている(写真=右)

 パナソニックとソニーは以前より家庭用3Dテレビに積極的な姿勢を見せていたが、それに追従してきたのがシャープ。“LED AQUOS”に採用された新液晶パネル「UV2A」とLEDバックライトを組み合わせたフルHD 3D液晶テレビを参考展示している。

photophoto シャープの展示する60V型フルHD 3D液晶テレビ。視聴にはメガネを利用するアクティブシャッター方式が利用されている

 テレビ関連ではそのほか、パナソニックが低消費電力化を進めたほか動画応答性も高めた次世代IPSαパネルを、日立製作所が部分輝度制御機能を備えたLEDバックライト搭載液晶などを参考展示している。

 会場では家電メーカーのほか、NTTドコモやKDDI、UQコミュニケーションズといった通信キャリア、各半導体デバイスメーカーなども多くブースを構える。また、参加各社幹部などの講演も数多く行われる。CEATEC JAPAN 2009の会期は10月6日から10日まで。開催時間は午前10時から午後5時まで。

photophoto


 CEATEC JAPAN 2009についての話題は「特集:CEATEC JAPAN 2009」にてお届けする。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう