ニュース
» 2009年10月06日 15時07分 UPDATE

CEATEC JAPAN 2009:“進化したマチキャラ”が萌えコメント連発――ドコモブース

「接続して頂きありがとうございます。あぁ、癒されますわ」「眠れないの? 大丈夫、僕がそばにいるよ」――。ドコモのマチキャラがこんなことを言いだす日も、そう遠くないかもしれない。

[後藤祥子,ITmedia]
Photo

 マチキャラが妹に、メイドに、お兄ちゃんに――。ドコモブースでは、キャラクターに合った口調でコメントする“進化したマチキャラ”を見ることができる。

 マチキャラは、待受画面に常駐するマスコットキャラクター。ドコモのコンシェルジュサービス「iコンシェル」の配信情報を待受画面上でコメントするなど、ユーザーに情報を伝える役割も担っている。

 ドコモはこのマチキャラを、“より、愛着を持てる存在に進化させる”考え。あたかもケータイの中にマチキャラが住んでいるかのようなUIを目指して進化させたいとし、その第1歩として、キャラクターに合った口調でコメントさせる機能を実装した。

 デモ用のマチキャラとして用意されるのは、「お兄ちゃん」「いもうと」「メイド」の3種。同じ充電を促すアラートでも、お兄ちゃんキャラは「はやく充電して。かわいい顔が見れなくなったら困るよ」、メイドキャラは「もうすぐ電池が切れてしまいますわ。。。どうか充電していただけますでしょうか」というようにコメントが異なり、これがケータイへの愛着を深めていくというわけだ。

sa_cdoco02.jpgsa_cdoco03.jpgPhoto 同じ情報を伝える場合でも、キャラクターによってコメント表現が異なる

sa_cdo25.jpgsa_cdo26.jpgPhoto iコンシェルの情報をメイド口調で伝えてくれる

sa_cdo20.jpgPhoto 各種設定画面の萌え口調

sa_cdo30.jpgPhoto いもうとキャラのコメント

 待受画面上のコメントだけでなく、各種設定画面の表示までもマチキャラ風にカスタマイズされるのが面白い。例えばiモード接続時にはメイドキャラ風の「サイトに接続してもよろしいでしょうか、ご主人様」というコメントと、「うむ」「だめだ」という選択肢が表示される――といった具合だ。「送ったメールの文面に、悲しいことがあったような表記があると、メールの送信後にマチキャラが“元気だして”と励ますような機能も搭載したいと考えている」(説明員)

 この“進化したマチキャラ”が商用サービスとして登場する時期は「まだ決まっていない」と説明員。今回のデモで得たフィードバックを反映させ、商品化を目指すとしている。

sa_cdo40.jpgPhoto お兄ちゃんキャラのコメント。「あんた、ケータイだろー」とか思っちゃいけない

Photo

関連キーワード

マチキャラ | NTTドコモ | iコンシェル | 萌え


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.