ニュース
» 2009年10月06日 20時54分 UPDATE

CEATEC JAPAN 2009:居場所に応じて自動でメニューが変わる――「TPOで変化するメニュー」

行動履歴から持ち主の状況を推測し、居場所に応じた最適なメニューに切り替え――。ドコモが“ケータイのパーソナル化”の一環として開発したメニューアプリを披露した。

[後藤祥子,ITmedia]

 ドコモがCEATECの同社ブースで、居場所に応じて自動で最適なメニュー画面に切り替わるメニューアプリを披露した。デモにはAndroidケータイ「HT-03A」を使っており、アプリは「みんなのドコモ研究室」からダウンロードできる。

 ユーザーの行動履歴や移動経路、滞在時間、位置情報から行動を推定。ユーザーが会社にいる場合は仕事に最適化したメニュー、出先なら移動時に利用する機能をまとめたメニュー、自宅ならエンタテインメント機能を中心としたメニューというように、状況に合ったデザインや機能をまとめたメニューに自動で切り替わる。

Photo ユーザーの居場所や状況に最適化したメニューに自動で切り替わる
sa_dp03.jpgsa_dp05.jpgPhoto 左から自宅、外出中、会社のメニュー

 ドコモはまず、Android端末向けにアプリを提供し、ニーズを図りながら一般端末への展開を検討するとしている。

Photo TPOで変化するメニューの開発概要

関連キーワード

NTTドコモ | Androidケータイ | CEATEC | HT-03A


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう