ニュース
» 2009年10月07日 21時26分 UPDATE

CEATEC JAPAN 2009:目指すはセレクトショップ――“Windows Mobile版iアプリ”、間もなく登場

東芝ブースでは「Windows Mobile 6.5」を搭載したデモ機が展示されていていた。このデモ機でプレイできるのは、Windows Marketplace for Mobileで配信予定のゲーム。このゲームは、iアプリをWindows Mobile用に変換したものだ。

[田中聡,ITmedia]
photo アプリックスのアプリ変換ツール「MGD」について

 Windows Mobile端末でiアプリを――アプリックスが提供する変換ツール「MGD(Mobile Game Deployer)」を活用することで、iアプリの利用シーンをさらに拡大できる。東芝ブースではこのMGDと、「Windows Mobile 6.5」搭載端末が紹介されていた。

 MGDはアプリックスが開発した技術で、iアプリ向けのゲームをWindows Mobileアプリへ簡単に変換できるのが大きな特徴。変換したアプリは、Windows Mobile向けアプリの配信サービス「Windows Marketplace for Mobile」に登録され、Windows Mobileユーザーが購入できる。変換時間は数十秒で、Windows Mobile端末に合わせたカスタマイズにも対応している。「タッチパネルを使った“バーチャルキー”やQWERTYキーなど、CP(コンテンツプロバイダー)は複数のユーザーインタフェースを選択できる。バーチャルキーとQWERTYキーを両方対応させることも可能」(アプリックス説明員)

 ブースではジー・モードの「SkeboooMan JET」「Ride on the Beat」「Battle in Space」「Shining Star」のWindows Mobile版が披露されていた。Windows Marketplace for Mobileにアプリを提供するほかのCPや、参入するCPの数についての回答は得られなかったが、「詳細は今月中に発表する」(アプリックス説明員)とのこと。続報を期待したい。またMGDに対応するのは当面はiアプリのみで、auのEZアプリやソフトバンクモバイルのS!アプリが対応する予定は「現時点ではない」という。これは「参入しているCPはドコモのiアプリが最も多い」ため。また「(iアプリの)直感ゲームも対応させたい」(アプリックス説明員)とのこと。

photophotophoto Windows Mobile 6.5搭載のデモ機で展示されていたWindows Mobile向けゲーム。いずれもタッチパネルを使って操作できた。一番右の写真の画面左下に表示されているのが、タッチパネル用の“バーチャルキー”

 Windows Marketplace for Mobileを利用できるのは当面はWindows Mobile 6.5搭載端末のみだが、2009年12月にはWindows Mobile 6、6.1も対応する予定。アプリの価格は「100円程度からになるのでは。iPhoneアプリとそれほど変わらない価格帯になる」(Microsoft説明員)とのこと。「無料体験版なども用意するだろうが、登録するアプリは有料版が主流になるだろう。無料アプリはインターネットで配信済みのものもあるので、Windows Marketplace for Mobileではラインアップをある程度絞り、セレクトショップのような形を目指したい」(Microsoft説明員)

 ブースに展示されていたWindows Mobile 6.5搭載端末は、東芝が海外で発売した「TG01」がベースモデル。MGDで変換したゲームのデモ機として使われていたもので、今後発売される予定はない。Windows Mobile 6.5搭載モデルは、2009年度内にドコモ、ソフトバンクモバイル、ウィルコムから発売される予定。

photo 日本でも間もなく登場予定の「Windows Mobile 6.5」

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.