ニュース
» 2009年10月15日 11時58分 UPDATE

Twitterにも簡単アクセス:ツインカメラ搭載の「HONEY BEE 3」登場――512色のオーダーメイドも

ウィルコムが、ポップなストレート端末「HONEY BEE 3」を11月12日から順次発売する。あわせて、512通りの中からオリジナルカラーを選べるキャンペーンも実施する。

[田中聡,ITmedia]

 ウィルコムは10月15日、京セラ製の「HONEY BEE 3(WX333K)」を11月12日から順次発売すると発表した。ピンク、ホワイト、ブルーは11月12日に、イエロー、ブラック、グリーン、オレンジ、パープルは12月以降順次発売される。価格はW-VALUE SELECTを利用した場合、新規・機種変更ともに月々190円×24カ月(4560円)。

photo 京セラ製の「HONEY BEE 3」。ボディカラーはピンク、パープル、オレンジ、イエロー、グリーン、ブルー、ブラック、ホワイトの8色
photophoto

 HONEY BEE 3は31万画素のアウトカメラに加え、超広角レンズ搭載の31万画素インカメラを搭載しており、複数人で広範囲の自分撮りができる。アウト、インカメラで撮影した2枚の写真を合成できる「どこでもコラージュ」や、写真に手書き文字を貼り付けられる「パシャ文字カード」にも対応している。

 カラーバリエーションは8色を用意。アイコン化したブロックキーを採用し、発話キーにはラメを施した。新たにJAVAにも対応し、W+Book(コミック)やゲームをはじめとするアプリを利用できる。HONEY BEEシリーズではおなじみのミツバチは、今回も壁紙やメニュー画面、デコラティブメールで登場するほか、ミツバチが仲間に蜜を届けるために花畑を冒険する「Honey Hunt」など3種類のゲームをプリインストールした。

photo 色の組み合わせの例

 メインメニューはカスタマイズ可能な「お気に入りメニュー」に対応しており、よく使う機能やWebサイトのURLなどを登録できる。初期設定ではTwitterのショートカットが登録されている。

 さらに、HONEY BEE 3の発売に合わせ、計512通りからオリジナルカラーをオーダーメイドできるキャンペーン「CHOICE 512 COLORS」を実施する。価格は3800円で、期間は11月5日から30日まで。HONEY BEE 3の本体(表面・裏面)とブロックキー各8色、計512通りの中から注文できる。注文はウィルコムプラザやウィルコムストア、全国のウィルコム取扱店で受け付ける。


「HONEY BEE 3」の主なスペック
機種名 HONEY BEE 3(WX333K)
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約42×120×9.9ミリ
重量 約73グラム
連続通話時間 約7.5時間
連続待受時間 約750時間
カメラ 31万画素(アウトカメラ、インカメラ)
外部メモリスロット
メインディスプレイ 2インチQVGA(240×320ピクセル)液晶
サブディスプレイ
赤外線通信
Flashプレーヤー
Bluetooth
Java
ボディカラー パープル、ピンク、オレンジ、イエロー、グリーン、ブルー、ホワイト、ブラック
発売日 ピンク、ホワイト、ブルー:11月12日、イエロー、ブラック、グリーン、オレンジ、パープル:12月以降順次

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.