レビュー
» 2009年10月19日 20時11分 UPDATE

写真で解説する「EXILIMケータイ CA003」 (2/2)

[山田祐介,ITmedia]
前のページへ 1|2       

GRACEFULボディ、3.3インチ有機EL、主要な機能を一通り搭載

 今回のEXILIMケータイは、見た目の高級感も訴求ポイントのひとつ。バッテリーを内蔵するボディ裏面は、全体が1枚のパネルになっており、ヒンジ部にあるスライド式のロックを外すことで、パネルごと取り外せる。これにより、バッテリーカバーの継ぎ目がない、プレーンなデザインに仕上がっている。レンズの周囲にはメタリックなリングをあしらい、ホワイトとブルーグリーンの2色に輝く発光部も設けた。

photophoto 端末の裏面(写真=左)。ヒンジ部にはパネルを取り外すためのスライド式ロックがある
photo スライド式ロックを解除し、パネルをはがすと、バッテリーが現れる
photophoto 右側面にはカメラのシャッターをはじめとするサイドキーが並ぶ(写真=左)。左側面にはmicroSDスロットが備わっている(写真=右)
photophoto ヒンジ部(写真=左)と先端部(写真=右)

 ボディの右側面には大型のサイドキーをタイル状に配置し、スッキリとした見た目と操作のしやすさを両立している。特にシャッターボタンは大きめにデザインされ、非常に押しやすい。また、ダイヤルキーには左右のキーと中央のキーとがわずかに段違いになった新形状を採用。横のキーがつながった独特なデザインとなっており、キーの表面はわずかにふくらんでいる。実際に使ってみると指がかりもよく、操作性は良いと感じた。

photo ダイヤルキー

 CA003に限ったことではないが、KCP+のプラットフォームが改良されたことで、操作に対する画面の追従性も良くなった。これなら旧KCP端末の初代「EXILIMケータイ W53CA」から乗り換えるようなユーザーも、それほど不満を感じないだろう。

 ディスプレイにはW63CAと同じく有機ELを採用するが、サイズは3.1インチから3.3インチに、解像度もVisualワイドVGA(480×800ピクセル)からVisualフルワイドVGA(480×854ピクセル)にアップ。鮮やかなメリハリのある画面で、写真やワンセグを見ることができる。

photophotophoto 落ち着いたデザインのメニュー画面を複数用意するほか、カシオ端末ではおなじみのアデリーペンギンの待受もプリセットされている

 ワンセグ、おサイフケータイ、EZナビウォーク、Bluetoothなどに加え、「EZニュースEX」「LISMO Book」などの新機能も搭載し、au端末の主要な機能は一通りそろえるなど、ケータイとしての機能も充実している。また、全1500種類の絵文字をプリセットし、メールに活用できる。

photophoto 絵文字を豊富に用意(写真=左)。EZニュースEXにも対応した(写真=右)
photo PCサイトビューアーも進化し、Operaのバージョンは9.50になった

前のページへ 1|2       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう