コラム
» 2009年10月22日 19時03分 UPDATE

ふぉーんなハナシ:ACCESS、“今より10〜15倍速い”「NetFront Browser v4.0」を開発中

「ACCESS DAY 2009」で講演を行ったACCESS 代表取締役社長の鎌田富久氏が、NetFrontの新バージョンに言及。2010年のリリースを予定しており、現行ブラウザの10〜15倍の高速化を目指すという。

[ITmedia]

 ACCESSの年次イベント「ACCESS DAY 2009」で講演を行った同社代表取締役社長の鎌田富久氏が、NetFrontの最新バージョンに言及した。

 同氏によれば、2010年のリリースを目指して「ゼロから研究開発した」(鎌田氏)という携帯/組み込み機器向けWebブラウザ「NetFront Browser v4.0」の製品化を進めており、そのブラウザはベンチマークテストでも現行NetFront Browserと比べてJavaScriptの実行速度が10倍から15倍くらい速いという。

 Webは年々進化しており、最近では「HTMLはサブで、中の(JavaScriptによる)アプリケーション的な動作がメインになっている」と鎌田氏は指摘。ACCESSとしては、高速なJavaScriptエンジンを開発し、ブラウザへの組み込みを進めているとした。

 「インタープリターで命令を1つ1つ処理していくのを、バイトコードという、コンパイルして中間コードのような形にすることで処理を速くできる。バイトコードのような形にするやり方で、組み込みで世界最速を目指しており、ほぼそれに近いベンチマークが出てきている」(鎌田氏)

sa_anf01.jpgPhoto 2010年のリリースを計画しているという「NetFront Browser v4.0」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう