コラム
» 2009年10月27日 23時51分 UPDATE

ふぉーんなハナシ:あの「インターナビ」のサービスがiモードで──「Honda ドライブコンシェル」

ホンダがインターナビ・プレミアムクラブ会員向けに提供している携帯電話向けパーソナルホームページと同等のサービスが、「Honda ドライブコンシェル」としてiモードでも利用可能になった。

[園部修,ITmedia]

 本田技研工業(ホンダ)の「インターナビ・プレミアムクラブ」は、独自のフローティングカーシステムから取得する膨大な走行情報をもとに、高精度な交通情報を配信する、ホンダ純正カーナビゲーション向けのサービスだ。インターナビを搭載した車両から交通情報を収集し、共有しているため、道路交通情報通信システムセンターのVICSデータよりも広い範囲をカバーするなど、その情報の正確さや細かさには定評がある。

 そのインターナビ・プレミアムクラブ会員向けに提供している携帯電話向けパーソナルホームページと同等のサービスが、「Honda ドライブコンシェル」として、10月13日からiモード端末で利用可能になった。月額利用料金は157円。

 Honda ドライブコンシェルでは、インターナビ・プレミアムクラブ会員向けに提供されている各種交通情報サービスのうち、ドライブ当日の出発推奨時刻とルートを事前に予測する「出発時刻アドバイザー」、目的地方面のVICS交通情報(渋滞混雑情報・事故情報・交通規制情報)が確認できる「交通情報事前チェック」などが、ホンダ車のオーナーでなくても利用できる。季節・時間帯・曜日・天候などを考慮し、景色が良くて快適なドライブが楽しめる「シーニックルート」の提供も受けられるほか、全国のお祭り・イベントの詳細情報なども参照可能だ。

 出発時刻のアドバイス機能などは、すでにNAVITIMEなども導入しているが、インターナビの情報を元にした独自の渋滞予測は興味深い。燃料消費量の少ない道を優先する「省燃費ルート」など、ユーザーのニーズにあわせて多様なルートを選択できる「インターナビ・ルート」にも対応している。また、出発当日、交通状況に変化があった場合は、あらかじめ登録しておいたメールアドレスに「お知らせメール」を送ってくれる機能もある。

 アクセスは、

  • iMenu→メニューリスト→生活情報→乗換/地図/交通→交通情報→Hondaドライブコンシェル

から。ブラウザで http://drive-concier.jp/ を直接開いてもいい。

 GPSナビ機能はないものの、価格も手ごろで、初月度は利用料が無料なので、インターナビのすごさを一度味わってみてはいかがだろうか。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.