ニュース
» 2009年11月05日 15時46分 公開

auのデータ端末「W05K」「W06K」、トラフィック制御時の通信を改善するソフトウェア更新

auのデータ端末「W05K」「W06K」のソフトウェア更新の提供が開始された。最新ソフトウェアでは、下りトラフィック制御時の通信が最適化される。

[山田祐介,ITmedia]

 KDDIは11月5日、データ通信端末「W05K」「W06K」のソフトウェア更新を開始した。最新ソフトウェアにより、下りトラフィック制御時の通信が最適化される。なお、上りの通信の最適化には対応していない。また、更新を行わない場合でも今後の利用に支障はないとしている。

photophoto 「W05K」(写真=左)と「W06K」(写真=右)

 更新の所要時間は約5分。W05Kは「ケータイアップデートアプリケーション」で、W06Kは「W06Kユーティリティ」のケータイアップデート処理を起動することで更新が始まる。

 なお、W05Kでケータイアップデートを行う場合は、W05Kに同梱されているCDから「マルチポートドライバ」「ケータイアップデート」をインストールする必要がある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう