トップ10
» 2009年11月24日 21時12分 公開

Mobile Weekly Top10:「F-04B」はなぜ“PRO”ではなく“PRIME”なのか

富士通のセパレートケータイ「F-04B」はPRIMEシリーズに属するモデルだが、よく考えると、PROシリーズの方が適しているように思える。

[田中聡,ITmedia]

 先週も、NTTドコモとソフトバンクモバイル、ウィルコムの新機種に関する記事が多くのアクセスを集めた。端末の写真記事はドコモの「SH-03B」「F-04B」「F-01B」と、ウィルコムの「HYBRID W-ZERO3」がよく読まれており、これらの機種の注目度の高さがうかがえる。中でも、F-04Bは新しいセパレートスタイルを採用していることもあり、外観とソフトウェア、ともに読者の関心が高いようだ。

 ところでこのF-04Bは、なぜ“PRIMEシリーズ”に属しているのだろうか。PRIMEシリーズは最新サービスと高性能な機能、PROシリーズでは先進技術に注力している。ディスプレイ部とキー部が分離合体する機構やQWERTYキーを採用していることを考えると、F-04BはむしろPROシリーズの方がふさわしいと思うのだが……。

 F-04Bはセパレート機構を除くと、スペックはF-01Bとほぼ同等。1220万画素カメラを搭載するほか、ワンセグやゲームのリモコン操作、プロジェクターで映像の投影ができることを考えると、エンターテインメント性やスペックの高さが際立つ。F-04BはPROシリーズの要素も強いとはいえ、“どちらかと言えばPRIME”という棲み分けになったのかもしれない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう