ニュース
» 2009年12月02日 10時46分 UPDATE

「941SH」「940SC」発売――実質負担額は5万2000円台、4万2000円台から

ソフトバンクモバイルのハイエンドモデル「AQUOSケータイ FULLTOUCH 941SH」と「OMNIA VISION 940SC」が発売された。実質負担額は941SHが5万2000円台、940SCが4万2000円台と案内されていた。

[田中聡,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルの「AQUOSケータイ FULLTOUCH 941SH」と「OMNIA VISION 940SC」が店頭に並んだ。

 都内量販店では、「月月割」から端末代金を差し引いた実質負担額(新規または2年以上の機種変更)は、941SHが5万2320円(2180円×24回)、940SCが4万2720円(1780円×24回)と案内されており、941SHの方が1万円ほど高い(2009年11月29日時点での編集部調べ、以下同)。また店舗によっては、「ケータイWi-Fi」に加入すると、941SHの端末代金をさらに4800円割り引く特典も確認できた。

photophoto シャープ製の「AQUOSケータイ FULLTOUCH 941SH」とSamsung電子製の「OMNIA VISION 940SC」

 941SHは、タッチパネル対応の4.0インチハーフXGA(480×1024ピクセル)液晶を搭載したAQUOSケータイ。最大54Mbpsの高速通信が可能な「ケータイWi-Fi」にも対応しており、最大100Mバイトのコンテンツをダウンロードできる。カメラは800万画素CCDを搭載し、「個人検出機能」や「おまかせアルバム」を利用できる。利用状況に応じて機能を勧めてくれる「スピンぐるメニュー」もサポートしている。

 940SCは“OMNIA”シリーズの最新モデル。タッチパネル対応の3.5インチ有機ELを搭載し、広視野角、高コントラストのディスプレイで多くの機能を直感的に操作できる。ボディ裏面のスタンドを使うことで、卓上に固定してワンセグを視聴可能。ケータイWi-Fiは対応していないが、顔認識搭載の812万画素カメラやおサイフケータイ、モバイルウィジェット、S!GPSナビなど基本機能やサービスも充実している。

「AQUOSケータイ FULLTOUCH 941SH」の価格
利用期間 端末価格 「月月割」分を差し引いた実質負担額
新規 10万320円(4180円×24回) 5万2320円(2180円×24回)
2年以上 10万320円(4180円×24回) 5万2320円(2180円×24回)
1年6カ月以上2年未満 10万320円(4180円×24回) 5万7120円(2380円×24回)
1年以上1年6カ月未満 10万320円(4180円×24回) 6万9120円(2880円×24回)
6カ月以上1年未満 10万320円(4180円×24回) 7万6320円(3180円×24回)

「OMNIA VISION 940SC」の価格
利用期間 端末価格 「月月割」分を差し引いた実質負担額
新規 9万720円(3780円×24回) 4万2720円(1780円×24回)
2年以上 9万720円(3780円×24回) 4万2720円(1780円×24回)
1年6カ月以上2年未満 9万720円(3780円×24回) 4万7520円(1980円×24回)
1年以上1年6カ月未満 9万720円(3780円×24回) 5万9520円(2480円×24回)
6カ月以上1年未満 9万720円(3780円×24回) 6万6720円(2780円×24回)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.