ニュース
» 2009年12月04日 20時00分 UPDATE

携帯販売ランキング(11月23日〜11月29日):“au比率”が増加、冬モデルはシャープが健闘 (1/5)

auは旧モデルに加えミドルクラスの冬モデルが好調だ。今回はキャリア総合トップ10に5つのモデルがランクインし、存在感が高まった。一方、NTTドコモ端末はシャープと富士通の冬モデルがランクインしている。

[山田祐介,ITmedia]

キャリア総合ランキング TOP10

2009年11月23日〜2009年11月29日
順位前回順位キャリアモデル
1位1NTTドコモSH-01B
2位2NTTドコモSH-02A
3位3ソフトバンクモバイルiPhone 3GS (32Gバイト)
4位10auK002
5位11auSH004
6位5au簡単ケータイ W62PT
7位6NTTドコモF-01B
8位4auURBANO
9位7auEXILIMケータイ CA004
10位12ソフトバンクモバイルiPhone 3GS (16Gバイト)

この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。


 NTTドコモのシャープ製冬モデル「SH-01B」が、2週連続で首位を獲得したキャリア総合ランキング。2位も「SH-02A」がキープし、シャープ製端末のワンツーフィニッシュが続く結果となった。

 さらに冬モデルとしては、5位にシャープ製のau端末「SH004」がランクインした。同モデルは800万画素のCCDカメラを搭載した2009年春モデル「SH001」をベースにした端末で、上位モデルよりも安価な価格帯で販売されている。同様のケースとして、2008年冬モデル「EXILIMケータイ W63CA」をベースにスタンダードモデルの価格帯で展開している「EXILIMケータイ CA004」も9位を獲得するなど健闘している。

 また、ドコモの富士通製冬モデル「F-01B」が7位を獲得。夏商戦では“スライドヨコモーション”を採用した「F-09A」に人気が集まったF端末だが、スタンダードな折りたたみ型ボディを採用したF-09Aはユーザーにどう受け止められるだろうか。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう