コラム
» 2009年12月11日 09時00分 UPDATE

ふぉーんなハナシ:どこで買うのが安い?――iTunesカード 冬のセール実施中

iTunes Storeでの楽曲購入やアプリの購入代金に充当できるiTunesカードは、定期的に値下げ販売が行われている。12月に入って、各所で値引き販売が始まっているので、iPhoneアプリをよく買う人はこれを機にお得なiTunesカードを入手しておこう。

[園部修,ITmedia]

 iTunes Storeで、音楽やiPhoneアプリを購入する際の料金に充当できる「iTunesカード」は、コンビニエンスストアなどでも手軽に入手できるプリペイドカードだ。クレジットカードを持たないユーザーでも簡単にiTunesでものが買える仕組みとして、広く利用されている。

 このiTunesカード、実は定期的に割引販売を実施しており、通常価格よりも安く買えるチャンスが年に何度かある。多くの場合、2割程度割り引かれるので、3000円のカードが2400円程度で購入できたりする。2割の差は結構大きく、もっとも安価な1500円のカードでも、安価なアプリを1〜2本タダでダウンロードできるくらいの差額が発生するので、iPhoneやiPod touchで音楽やアプリをよく買う人は、安売りに合わせてiTunesカードをまとめ買いしている人も多い。

 12月は、各所でそのお得な割引販売が実施されている。この機に半年分くらいのiTunesカードをまとめて買っておけば、クレジットカードでその都度決済するよりだいぶ賢く買い物ができるだろう。現在編集部で確認している、iTunesカードを期間限定で値引き販売中の店舗は、HMV、サークルKサンクスとセブンイレブンだ。

 HMVでは12月25日まで、CDやDVD、Blu-rayと一緒にiTunesカードを購入すると、iTunesカードが30%オフになるキャンペーンを実施中。何かしら商品を購入しないと安くならないのがミソだが、3割という値引率はあまり目にしないほど高率なので、何か買う予定があるなら、ついでにiTunesカードも買ってしまおう。5000円のカードが3500円で購入できるのは、またとないチャンスといえる。

 サークルKサンクスは、2010年1月10日まで、カルワザカードまたはカルワザ値引アプリ登録済みのおサイフケータイを使ってEdyで代金を支払うと、iTunesカードが20%オフになる。代金は値引き対象になる支払い方法で払えば自動的に値引きになるので、店頭で支払う金額が2割引になる。カルワザ値引を利用する必要がある点は若干ハードルになるが、値引き額を考えれば利用しない手はない。

 セブンイレブンでは、2010年1月11日まで、iTunesカードを購入すると、後日20%分のnanacoポイントをボーナスポイントとして付与する。nanacoポイントは、nanacoとしてチャージする際に1%の手数料がかかるため、厳密に言うと値引率は20%よりも少し低くなるが、安く買えることには変わりない。サークルKサンクスが近くにない場合は、こちらを利用するといいだろう。

 このほか、編集部では未確認だがコストコホールセールでは12月13日まで3000円のiTunesカード2枚組が、クーポン併用で4800円で販売されているという情報もある。近々コストコへ行く予定の人は、こちらを狙ってみてもいいかもしれない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.