ニュース
» 2009年12月11日 14時24分 UPDATE

拡張現実アプリ「セカイカメラ」、バージョン2.0を配信開始

頓智・のiPhone向け拡張現実アプリ「セカイカメラ バージョン2.0」がApp Storeで配信されている。新バージョンでは、端末を縦に持つと現れる新機能「セカイライフ」で、コミュニケーション機能が強化された。

[山田祐介,ITmedia]

 頓智・(とんちどっと)が開発するiPhone向け拡張現実(AR)アプリ「セカイカメラ」のバージョン2.0が、App Storeで配信開始された。新規ダウンロード、アップデートともに無料。

 セカイカメラは、ユーザーの居場所とひも付いた「エアタグ」と呼ばれるテキストや画像などの情報が、端末のカメラ映像に付加されるARサービス。新バージョンにはコミュニケーション機能群「セカイライフ」が追加されており、端末を縦持ちにすると自動で起動する。セカイライフでは、自分が投稿したエアタグの履歴や、エアタグに対するほかのユーザーの反応などが時系列順に確認できる。また、ほかのユーザーをフォローすると、そのユーザーの振る舞いが「タイムライン」に表示され、Twitterのような感覚で閲覧できる。

photophoto Twitterのつぶやきがエアタグとして表示される「Air Tweet」。タイムラインを確認することもできる
photophotophoto 端末を縦に持つと「セカイライフ」の機能が起動する。自分の投稿履歴や、フォローしたユーザーの振る舞いが表示される「タイムライン」などが確認できる
photo 「Air Profile」をオンにすると、ユーザーのiPhoneの場所にプロフィールのエアタグが浮かぶようになる

「セカイカメラ Version 2.0.0」の新機能

  • Air Profile 自分(の所有するiPhoneの位置)周辺に、プロフィールエアタグが浮かぶ。SETUP画面でオン/オフの切替が可能
  • Sekai Life セカイカメラのソーシャル機能群。iPhoneを縦持ちにすると、セカイライフが起動する。フォローしたユーザーのタイムライン、自分の投稿履歴、リプライ、すれ違ったユーザの足跡などを確認できる
  • Air Tweet iPhoneの設定アプリにある「セカイカメラ」の項目で、Twitter APIによる投稿連携、閲覧連携、連携なしを選択できる。連携を選択した場合、周囲のつぶやき(Twitterのプロフィールの位置設定に基づく)が、エアタグとして表示される
  • Air Zoom ダブルタップまたはピンチによって、ライブビューをズームイン、ズームアウトできる
  • Air Movie 動画エアタグの表示・再生に対応。iPhoneアプリからの動画投稿には未対応となる
  • Air Web アプリからWebページへの遷移が可能になった。テキストタグ内にURLを記述すると、リンクが生成される
  • 国際化対応 アプリケーションを7カ国語に対応させた。設定アプリの“一般→言語環境→言語”の設定にあわせて表示言語を切り替える
  • マルチフロア対応 法人向けソリューションで構築された専用エリアでは、iPhoneの無線LAN機能を活用することで、同一緯度経度でも複数フロアを識別してエアタグの表示が制御される
  • カスタムエアタグ 法人向けソリューションから標準エアタグ以外の形状のエアタグを投稿した場合にも、アプリで表示できる

関連キーワード

セカイカメラ | エアタグ | iPhone | 拡張現実


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.