ニュース
» 2009年12月16日 14時37分 UPDATE

「EZナビウォーク」でエレベーターやエスカレーターの乗換経路が表示可能に

KDDIは「EZナビウォーク」の機能を拡張。高速バスデータを拡充したほか、徒歩ルートでエレベーターやエスカレーターを使った経路を優先表示する機能を追加した。

[田中聡,ITmedia]

 KDDIは12月16日、au向け「EZナビウォーク」の機能を拡張した。

 まず「高速バスデータ」を拡充し、現在提供している西日本JRバスの61路線に、JRバスグループ8社分のデータ121路線を追加し、合計182路線に拡大。高速バスデータは「トータルナビ」での検索や、無料で使える乗換案内の検索時に、高速バスを使用したルートを案内するもの。今回のデータ拡充で東京、名古屋、仙台を発着する路線と、四国地方を発着する路線を特に充実させた。

 さらに、徒歩ルートを設定する際に、エレベーターやエスカレーターを使用する乗換経路を優先的に表示する「エレベーター/エスカレーター優先ルート」も提供する。電車の乗り換えが発生する場合、乗換駅でのフロア移動手段も表示されるので、車椅子やベビーカーの利用者に役立つ。

 利用方法はEZナビウォークトップ画面の「トータルナビ/地図」→「目的地を検索する」、または「乗換/時刻表」→「乗換案内」から。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう