ニュース
» 2009年12月17日 18時07分 UPDATE

「縛らなくても解約率は上がらない」――“業界最安”で攻めるUQの戦略

月額380〜4980円という2段階制の料金プランを発表したUQコミュニケーションズ。同社代表取締役社長の田中孝司氏は、この業界最安の料金プランのほか、「急速に拡大が進んでいる」というエリアも大きな強みになるとアピールした。

[田中聡,ITmedia]

 「業界最安の料金プランとして自信を持って提供したい」とUQコミュニケーションズ 代表取締役社長の田中孝司氏が話す同社の「UQ Step」は、基本料金380〜4980円でWiMAXを利用できる2段階制の料金プランだ。同社はこれまで日額600円の「UQ 1Dayプラン」と、月額4480円の「UQ Flat」を提供しているが、これに新しいプランが加わることになる。

photophoto 新料金プラン「UQ Step」の詳細(写真=左)。3つの料金プランについて。毎月コンスタントにインターネットを利用する場合、UQ Flat(月額4480円)の方がUQ Stepの上限額(4980円)よりも安い(写真=右)
photo UQコミュニケーションズ 代表取締役社長 田中孝司氏

 2段階制の料金プランについては、ワイヤレスジャパン2009でも田中氏から今後提供する旨の発言が出たが、「非常に多くの反響をいただいた」という。そうした背景もあり、データ通信の定額プランとしては最安値を実現した。他社のプランよりも下限額(380円)と上限額(4980円)がいずれも1000円以上安く、期間拘束のある割引サービスを加えた他社のプランと比較しても、最安か同額となっている。イー・モバイルの「スーパーライトデータプラン」+「年とく割2」の基本料金は月額580〜4980円で、上限の4980円はUQ Stepと同額だが、下限の580円はUQ Stepよりも200円高い。

 また、田中氏はUQ Stepには利用期間の拘束がないことも魅力的だとアピールする。他社は、解約すると契約解除料が発生する割引サービスを提供しているが、UQ WiMAXに同様のサービスはない。田中氏は「利用期間を拘束するのは解約率を下げるため。料金が安く、エリアが広ければ、利用期間を縛らなくても解約率は上がらない」と自信を見せる。

photophotophoto 他社の料金プランと比較すると、UQ Stepの方が1000円以上安い(写真=左)。他社の割引サービスを加えたプランと比べても、UQ Stepは同額か安い(写真=中)。MVNO向けの卸料金も発表された(写真=右)

 田中氏は、モバイルインターネットでは「エリア」「速度」「端末」「料金」の4つが重要だと説明。エリアは2009年12月15日時点で45都道府県と330市町村をカバーするほか、基地局は12月15日時点で4160局を開設。「基地局はUQ WiMAXのトライアルを開始した(2009年)2月26日には500余りだった。2009年度末までに6000局を開設する予定だが、7000局以上になるのではないか」と、田中氏は急速にエリア整備が進んでいる状況を説明した。

 とはいえ、「サービス開始当初はなかなかスムーズに基地局を開設できなかった」と田中氏は振り返る。基地局の開設には、申請やビルのオーナーの承諾など多くのプロセスが存在する。加えて、2009年7〜9月は基地局の部品に障害が多数発生し、その改善に時間がかかったという。だが障害の解消を含め、基地局開設のプロセスの短期化に尽力したことで、10月以降は建設済みの基地局が増加し、11月にほぼ後れを取り戻すことに成功した。「UQは最初はつながらなかったけど、最近はつながるようになったという話をいただいている」と田中氏は手応えを感じている。「2010年の早い段階で、競合他社の基地局数を超える予定」だという。

photophotophoto モバイルインターネットサービスで必要な4つの要素(写真=左)。2009年12月15日時点で45都道府県と330市町村をカバーするほか、基地局は12月15日時点で4160局を開設した(写真=中)。2009年10月から開局数が増えており、今後も毎月1000局を目標に建設を進めていく(写真=右)
photophoto 基地局の電波許可数についての他社との比較(写真=左)。2009年11〜12月に拡大した主なエリア(写真=右)
photophoto 札幌市と仙台市のエリア状況。紫色の部分がカバーしているエリア(以下同)
photophoto 岡山市と金沢市のエリア状況

 エリアの整備は屋外から着手し、つながりにくい不感地で電波の角度を調整、ビル間に小規模の基地局を設置することで穴を埋めていく。駅や高速道路の整備も並行して進める。屋内については現在、レピータ(中継装置)を開発中で、「法人向けか個人向けか、ビジネスモデルを検討している」(田中氏)という。

photophoto 屋外でのエリア整備の流れ(写真=左)。成田エクスプレス「N'EX」の新型車両で、無線LANを利用するためのレピータを設置する予定(写真=右)
photophoto 高速道路のカバーも進めている(写真=左)。屋内向けのレピータも開発中(写真=右)

 端末は現在、データ端末とWiMAX内蔵ノートPCを提供している。「内蔵PCのユーザーは加入者の10%ほどだが、今後は内蔵PCの比率が上がる」と田中氏は見ている。同氏は内蔵PCのメリットは「PCに端末を装着する必要がないこと」「アンテナが大きいので電波感度が良好」「起動後すぐに接続できること」だと説明。現在、WiMAX内蔵PCは6メーカーから16機種が発売されており、2010年1月の新機種発売により、計20機種を超える予定だ。「WiMAX内蔵PCの便利さは使ってみないと分からない。今後は“外付け”から“内蔵”にシフトするだろう」(田中氏)

photophoto WiMAX搭載PCは、データ端末不要でインターネットに接続できることと、データ端末よりも高感度なのがメリットだ(写真=左)。2010年1月の新機種発表により、WiMAX搭載PCは20機種以上がそろう予定(写真=右)

 2010年はさらなるエリア拡大に努め、屋外は2010年3月までに政令指定都市と県庁所在地をカバー、2011年3月までにそのほかの都市や周辺をカバーする予定。屋内は超小型基地局やレピータを用いてカバー範囲を広げていく。WiMAX搭載PCの普及にも努める。「今後はWiMAXを搭載したNetbookも発売する予定」(田中氏)

 さらに、2010年の春をめどに、海外WiMAX事業者と連携した国際ローミングの開始も予定している。すでに米国のClearwire CommunicationsとロシアのYotaと協議を進めているほか、他国での展開も検討している。さらに、具体的なサービス内容は明かさなかったが、「これがWiMAXらしい、という新しい使い方を2010年に提案したい」と田中氏は説明。続報を待ちたい。

photophoto 屋外はさらにエリアを拡大するほか、屋内は超小型基地局やレピータでカバーを進める(写真=左)。WiMAX搭載PCの普及も推進する(写真=右)
photophoto 米国やロシアなどで利用できる国際ローミングを2010年に開始する見通し(写真=左)。2010年には「WiMAXらしい新たな使い方の提案」が発表される予定(写真=右)
photo 田中氏は「ネットが380円/月から」とアピールする

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.