ニュース
» 2010年01月08日 19時55分 UPDATE

携帯販売ランキング(12月21日〜12月27日):再び総合首位が交代 冬商戦はやや落ち着いた気配 (1/5)

全体的に動きの少なかった今回の携帯販売ランキング。キャリア総合ではドコモの「SH-01B」が「N-01B」を制し、再び首位を獲得した。

[山田祐介,ITmedia]

キャリア総合ランキング TOP10

2009年12月21日〜2009年12月27日
順位前回順位キャリアモデル
1位2NTTドコモSH-01B
2位3ソフトバンクモバイルiPhone 3GS (16Gバイト)
3位1NTTドコモN-01B
4位4ソフトバンクモバイルiPhone 3GS (32Gバイト)
5位6NTTドコモSH-02A
6位7NTTドコモP-03A
7位5auK002
8位8auEXILIMケータイ CA004
9位9NTTドコモF-02B
10位10auSH004

この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。


photo 首位の「SH-01B」

 前回のキャリア総合ランキングでは、ドコモの「N-01B」が初登場で1位を獲得し、「SH-01B」の連続首位記録が4でストップした。しかし今回は再びSH-01Bが首位を取り返し、強さを見せつけた。2位には“実質0円”となった「iPhone 3GS(16Gバイトモデル)」がランクイン。N-01Bも引き続き売れており、3位に入っている。

 auの夏モデル「K002」は、今回5位から7位に降下。そのほか、大きな順位の動きは見られなかった。

 12月末を迎え、どのキャリアのランキングも大きな動きはなく、冬商戦が落ち着いた印象を受ける。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう