ニュース
» 2010年01月19日 16時54分 UPDATE

ウィルコムのおサイフケータイで「EX-ICサービス」スタート

JR東日本とウィルコムが、2月14日予約・変更操作分から、ウィルコムICサービスで東海道・山陽新幹線のチケットレスサービス「EX-ICサービス」に対応すると発表した。

[園部修,ITmedia]

 東日本旅客鉄道(JR東日本)とウィルコムが1月19日、FeliCaに対応したPHS端末「WX340K」「BAUM(WX341K)」のモバイルSuicaで、2月14日予約・変更操作分から「EX-ICサービス」が利用可能になると発表した。

 ウィルコムのおサイフケータイは、2009年7月5日からモバイルSuicaサービスに対応しているが、これまで東海道・山陽新幹線のチケットレスサービスであるEX-ICサービスには非対応だった。EX-ICサービスに対応することで、JR東日本管内のSuica対応エリアだけでなく、東海道・山陽新幹線でもウィルコムのおサイフケータイが使えるようになる。

 なおモバイルSuica会員がEX-ICサービスを利用するためには、ビュー・エクスプレス特約(ビューカードの会員に限る)に申し込むか、または「JR東海エクスプレス・カード」に入会し、「エクスプレス予約」の会員になる必要がある。EASYモバイルSuica会員は対象外となる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.