ニュース
» 2010年01月29日 13時45分 UPDATE

iPhone割引はまだ続く:ソフトバンク、ケータイWi-Fi対応機とiPhone向けに「Wi-Fiバリュープラン」を提供

ソフトバンクモバイルは、2月1日からケータイWi-Fi対応機種とiPhone向けに「Wi-Fiバリュープラン」を提供する。月額4410円のパケット定額サービスを利用できるほか、端末の本体価格が最大4800〜1万1520円割り引かれる。

[田中聡,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは、ケータイWi-Fi対応機種向けの定額サービス「Wi-Fiバリュープラン」と、iPhone向けの定額サービス「Wi-Fiバリュープラン(i)」を2010年2月1日から提供する。

 ケータイWi-Fi対応機種向けのWi-Fiバリュープランは、以下の内容がセットになったもの。

  1. 月額4410円のパケット定額サービス
  2. 月額使用料490円の「ケータイWi-Fi」(2010年12月31日までに加入した場合は無料)
  3. ケータイWi-Fi対応機種の本体価格最大4800円割引

 ケータイWi-Fiに加入すると、ソフトバンクWi-Fiスポットも利用可能になる。加入条件は、新規契約や買い増し時に新スーパーボーナスで購入することと、「ホワイトプラン」と「S!ベーシックパック」を契約すること。

 iPhone向けのWi-Fiバリュープラン(i)は、以下の内容がセットになったもの。

  1. 月額4410円のパケット定額サービス
  2. 月額利用料490円の「ソフトバンクWi-Fiスポット(i)」(2010年12月31日までに加入した場合は無料)
  3. iPhoneの本体価格最大1万1520円割引

 新規契約・新スーパーボーナスで購入した場合、iPhone 3GSの実質負担額は16Gバイトモデルが0円、32Gバイトモデルが1万1520円(月額480円)となる。このほか、「ホワイトプラン(i)」と「S!ベーシックパック(i)」の契約も必要。

 これまでiPhone向けに提供されていた「iPhone for everybodyキャンペーン」は1月31日で終了する。同キャンペーンもiPhoneの本体価格を最大1万1520円割り引くものだが、パケット定額サービスは月額1029円〜4410円で利用できる。パケット料金を抑えたければ、iPhone for everybodyキャンペーンに申し込んだ方がいいだろう。

 ソフトバンクWi-Fiスポットの対応エリアは、現在はソフトバンクテレコムが提供している「BBモバイルポイント」とほぼ同じだが、今後順次拡大していく予定。

 なお、「Wi-Fiバリュープラン」「Wi-Fiバリュープラン(i)」は2年契約なので、契約期間中に解約、または料金プランやパケット定額サービスを解除・変更、新スーパーボーナス用販売価格以外で買い増しなどをした場合、9975円の契約解除料が発生する。また、Wi-Fiバリュープラン(i)は2年ごとの更新月に申し出がない場合、自動更新となる。Wi-Fiバリュープランは自動更新にはならず、3年目以降に解約しても契約解除料は発生しない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.