PR

進化を続けるWオープンスタイル:“フラットWオープン”を実現したVIERAケータイ「941P」 ヨコオープンスタイルの魅力 (1/2)

パナソニック モバイルコミュニケーションズがソフトバンクモバイル向けに供給するVIERAケータイの最新モデル「941P」は、これまでのWオープンスタイルのよさを引き継ぎつつ、大きな進化を遂げたモデルだ。

 Wオープンスタイルを採用したVIERAケータイ「920P」が、2008年にソフトバンクモバイルからデビューして2年が経つ。その後、921P、930P、931Pと代を重ね、2月11日に最新の941Pが発売された。

 ソフトバンクのWオープンスタイルとして、5代目にあたる941Pは1つの大きな進歩を遂げている。それが「フラットWオープン」。これまでで最も洗練されたヨコオープンスタイルを実現した。ディスプレイを横に開く際に必要だったレバーがなくなり、指を側面の隙間に入れるだけで、滑らかに画面を横に開ける。

PhotoPhoto 左の写真が「941P」の左側面、右の写真が前モデル「931P」の左側面。ディスプレイを横に開くためのレバーがなくなっており、簡単にディスプレイが横に開ける。外観も全体的にすっきりした

 さらにヒンジ部にも注目だ。2年前に発売された920Pと比較すれば一目瞭然、横に開いたときの出っ張りがほとんどなくなっている。両手で操作するときも、手に当たる部分がなくなり自然なホールドが可能になった。

PhotoPhoto 左が「941P」、右が2年前の「920P」。ヒンジの機構が大きく異なるのが分かる。これまではヒンジ部に背面の一部が残るような形でディスプレイが横に開いていたが、941Pでは手前がほぼ平らで、左側の出っ張りもかなり小さくなった

 ダイヤルボタンはドーム形状で滑らかな押し心地。各キーの間隔が開いているので押し間違いが少ない。これなら縦横どちらの画面でも、確実なキー操作ができる。また921Pでメディアジャンプボタンがあった位置には、ウィジェット一覧キーが配置され、隣には新機能のタッチパッド切替/Wi-Fi切替ボタンも加わった。

PhotoPhoto ダイヤルボタンはドーム型で押し心地がいい。ヨコ画面にしたときにキー表記が切り替わるギミックはなくなったが、その分クリック感などはしっかりとした印象だ

 そのほかにも、941Pでは約811万画素のCMOSカメラを搭載しており、パナソニック製デジタルカメラLUMIXシリーズで知られる「おまかせiA」で手軽にきれいな写真が撮れる。VIERAケータイでおなじみの「モバイルWスピード」や「モバイルWコントラストAITM」も進化を続けている。これらの機能は第2回、第3回でさらに詳しく紹介する。

ヨコ画面とタッチパッドの組み合わせが快適!

 941Pの新機能で最もユーザーが気になるのが「タッチパッド」の操作性だろう。使うのは簡単で、ディスプレイを横に開いているときに、タッチパッド切替ボタンを短押しするだけ。するとダイヤルボタンにある4つの青いイルミネーションが光り、タッチパッドが利用可能になる。タッチパッドに切り替わっても文字入力はそのまま行える。

Photo タッチパッドは利用可能な状態のときに青いLEDが光って知らせてくれる(赤丸で囲んだ部分)。切りたいときはタッチパッド切替ボタン(矢印の部分)を短押しすればいい。タッチパッドがオンの状態でも、文字はそのまま入力できる

 タッチパッド操作が利用できるのは「Yahoo!ケータイ」「PCサイトブラウザ」「バラエティフォトビューア」「PCメール」など。これらの機能はヨコ画面との相性もよく、PCサイトブラウザでWebサイトを閲覧しても、横へのスクロールが必要になるシーンは少ない。またもしスクロールする場合でも、タッチパッドをサッと触るだけでいいから快適だ。とくにニュースサイトやブログなど、文字情報が多いWebページは、ヨコ画面のほうが表示できる文字量が多く、読みやすい。PC向けのメールを一定間隔で取得する「PCメール」にも対応し、ビジネスシーンで多い長文のメールを読むのにも、ヨコ画面は最適だ。

PhotoPhotoPhoto ヨコ画面で端末を開くと専用のヨコメニューが表示される。ここからPCサイトブラウザやYahoo!ケータイ、バラエティフォトビューアなどにアクセス可能。PCサイトブラウザはタッチパッドとの組み合わせで快適に利用できる
PCサイトブラウザでタッチパッドを使うと、PCのようにカーソル操作ができる。
ムービーの閲覧にはFLASHプラグイン(バージョン8以上)が必要です。

 もう1つ、新機能の「バラエティフォトビューア」もヨコ画面&タッチパッドとの相性がいい。タッチパッドで写真を指でめくるようにして表示できるうえ、18種類もエフェクトがあるので、本のページをめくる、トランプを切る、写真を分解する、波紋がたつ、といった「めくる楽しさ」がある。また、タッチパッドでは写真のズームも速く、保存している写真の数が多くても、タッチパッドを使ってスムーズかつ的確に目的の写真を探すことができる。

バラエティフォトビューアでは、タッチパッドですばやく写真の表示を切り替えられる。データフォルダ内の目的の写真をすばやく探し出せる。
ムービーの閲覧にはFLASHプラグイン(バージョン8以上)が必要です。

       1|2 次のページへ

提供:パナソニック モバイルコミュニケーションズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia +D 編集部/掲載内容有効期限:2010年3月30日

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

インフォメーション

「941P」スペシャルサイト
941Pスペシャルサイトでは、1日のさまざまなシーンで活躍する941Pの機能を細かく紹介している。ケータイWi-Fi、カメラ、ゲーム、動画/ワンセグ、写真のブログアップなどの機能がどんなシーンで役立つかを、イメージしやすい写真とともに確認できる。

関連記事

インターネット動画もPCサイトブラウザも美しい VIERAケータイ「941P」
VIERAケータイ「941P」のもう1つの魅力は、新たにWi-Fiを搭載したことだ。ソフトバンクモバイルのケータイWi-Fiに契約すれば、941Pが持つ能力を十分に発揮できる。

さまざまな機器と連携させてさらに便利に VIERAケータイ「941P」
単体でも優れた機能を持つVIERAケータイ「941P」だが、パナソニックのBDレコーダー「ディーガ」や薄型TV「ビエラ」と組み合わせると、さらに活用の幅が広がる。特にディーガとの連携は、手軽に美しい映像が持ち出せるのでぜひとも利用したい。