ニュース
» 2010年03月09日 20時02分 UPDATE

ソフトバンクモバイル、九州・沖縄で緊急通報ができない障害

ソフトバンクモバイルの2Gおよび3Gのネットワークで、5時間以上にわたって110番/118番/119番通報ができない状態になっていたことが判明。ネットワーク設備の不具合が原因だという。問題はすでに復旧している。

[ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは3月9日、11時20分ころから16時35分までの約5時間強に渡って、沖縄を含む九州地域で、ソフトバンク2Gと3Gのサービスから110番、118番、119番への発信ができない状態となっていたことを明らかにした。山口県でも118番に発信できない不具合が発生していた。影響範囲は九州地区と山口県で約213万契約。なお本稿執筆時点で、問題はすでに復旧している。

 原因はネットワーク設備の不具合。詳細は不明とのことだが、何らかの作業をしていた際に交換機が不調になり、緊急通報ができない状態になった。16時半ころにユーザーから緊急通報ができない旨の問い合わせがあり問題が発覚。5分後に復旧させたという。長時間にわたって不具合が続いた理由は、一般の通話に支障がなく、問題の発見が遅れたため。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう