ニュース
» 2010年03月12日 22時30分 UPDATE

携帯販売ランキング(3月1日〜3月7日):iPhone人気に異変? 新料金プラン導入でどうなるか (1/5)

「iPhone for everybody」キャンペーン終了後から“常勝”だったiPhoneの順位が徐々に降下している。これは一時的な下落なのだろうか。

[山田祐介,ITmedia]

キャリア総合ランキング TOP10

2010年3月1日〜2010年3月7日
順位前回順位キャリアモデル
1位2NTTドコモSH-01B
2位3auSH005
3位1NTTドコモP-02B
4位4ソフトバンクモバイルiPhone 3GS (16Gバイト)
5位6NTTドコモP-10A
6位8auSH004
7位5ソフトバンクモバイルiPhone 3GS (32Gバイト)
8位auAQUOS SHOT SH006
9位7ソフトバンクモバイルJelly Beans 840SH
10位9NTTドコモN-01B

この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。


photo 首位の「SH-01B」

 販売ランキング“常勝”のiPhoneだが、今回のキャリア総合では異変が起きている。「iPhone 3GS」の16Gバイトモデルは4位と変わらずだが、32Gバイトモデルが7位にまで順位を下げた。端末代の実質負担額が減り、パケット料金が2段階定額制となる「iPhone for everybodyキャンペーン」が1月31日に終了し、その前で駆け込み需要が起きたあと、iPhoneの順位は下降傾向にある。

 駆け込み後の一時的な順位低下にも見えるが、新たに用意された「Wi-Fiバリュープラン(i)」のパケット料金が固定定額制であることがユーザーにとってハードルになっている可能性もある。この状況に対応するようにソフトバンクモバイルは2段階定額制の「標準プライスプラン」を3月6日に導入したが、こちらはWi-Fiバリュープラン(i)に比べ端末代の実質負担額が高く設定されている。iPhoneの順位下落があくまで一時的なものになるのかどうか、今後が気になるところだ。

 さて、今回総合首位を獲得したのは、NTTドコモの「SH-01B」。前回初登場1位だった「P-02B」は、3位にランクダウンした。8位には、12Mカメラと無線LAN機能を備えたauの新モデル「AQUOS SHOT SH006」がランクインしている。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.