ニュース
» 2010年03月18日 19時38分 UPDATE

ソニーグループとの連携も推進する――「Xperia」新TVCM&キャンペーン発表会

ソニー・エリクソンが新TVCM&キャンペーン発表会を開催。4月1日に発売予定のスマートフォン「Xperia」への意気込みや登場予定のアプリについて説明したほか、小林武史氏と大沢伸一氏のユニットが手がけたXperiaのCM曲も披露した。

[田中聡,ITmedia]
photo ソニー・エリクソン製の「Xperia」

 発売日が4月1日に決定したNTTドコモのソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製スマートフォン「Xperia」。同モデルの発売を受け、ソニー・エリクソンはXperiaの購入者向けのキャンペーンを実施。音楽プロデューサーの小林武史氏とDJ 大沢伸一氏のユニット「Bradberry Orchestra」(B.B.O.)が手がけたXperiaのCM曲「LOVE CHECK」を含む全11曲入りのアルバム「DNA of B.B.O. -Xperia selected major music of Takeshi Kobayashi & Shinichi Osawa-」を抽選で1000人にプレゼントする。応募期間は4月1日から4月30日まで。

 あわせて、Xperiaを購入した先着1万人向けに、レーベルゲートのAndroid端末向け音楽配信サービス「mora touch」にてミュージッククリップまたは楽曲1曲をプレゼントする。こちらの応募期間は4月1日から5月20日まで。

photophotophoto
photophotophoto 「Xperia」のTVCM

Xperiaのタッチ&トライは過去最高の来場者を記録

photo ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ 日本法人代表取締役社長 仲井一雄氏

 3月18日に開催された新TVCM&キャンペーン発表会では、ソニー・エリクソンがあらためてXperiaに対する意気込みを述べた。同社 日本法人代表取締役社長の仲井一雄氏は「Xperiaは発表されて以来、雑誌やWeb媒体、ブログ、Twitterなどあらゆるメディアで話題になっており、ソニービルで実施したXperiaのタッチ&トライイベントは、過去最高の来場者を記録した」と、同モデルへの注目度の高さをアピール。「最近は海外市場も含め、オープン化による新しいケータイの楽しみ方やアプリケーションの人気が増している。Xperiaが日本のスマートフォン市場をけん引するモデルとして期待されていることは非常にありがたい」と話した。

 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ 常務取締役 高垣浩一氏は、「Xperiaは“コミュニケーションエンタテインメント”というビジョンを具現化した全く新しい製品」と説明。日本向けのカスタマイズとして、Timescapeにmixiを、日本語入力システムに「POBox Touch 1.0」を採用したことにも言及した。

photophotophoto ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ 常務取締役の高垣浩一氏(写真=左)。日本向けのXperiaでは、Timescapeにmixiを追加した(写真=中)。日本語入力システム「POBox Touch 1.0」のソフトウェアキーは、母音の「A」「I」「U」「E」「O」キーを大きく表示する「ワイド」、次に入力する可能性のあるキーを表示する「ハイライト」、ワイドとハイライトを組み合わせた「ダイナミック」という3種類の表示が可能(写真=右)

ソニーグループ×Xperiaとの連携も進めていく

photo ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ 営業本部マーケティング部統括部長 小林弘明氏

 Xperiaとともに注目を集めているのがAndroidアプリ。1月21日の発表時にはXperia向けに開発したアプリも複数展示されており、「マルチタスク」「4.0インチのフルワイドVGA液晶」「1GHz CPU」などを生かした高性能なアプリも登場する。ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ 営業本部マーケティング部統括部長の小林弘明氏によると、Androidアプリは1日で200〜300ほどが登録されるなど、ここ最近で急激に登録数が伸びているという。

photophoto Androidマーケットには3万以上のアプリが登録されており、日本で1日あたりに登録されているAndroidアプリは200〜300に上る(写真=左)。Xperia専用のアプリも3〜4月に登場する予定(写真=右)

 先述のとおり、Xperiaのハードウェアに合わせて特別に作成してもらったアプリも配信される。さらに、その中の多くのアプリが、まずAndroid向けから登場するものだという。小林氏は「Androidアプリは(マルチタスクにより)アプリ同士の連携ができるので、ほかのスマートフォン向けアプリよりもはるかに進化している」とアピールした。このほか、「キャンペーンナビ」(ソニー・エリクソン)、「カンタンおこづかいメモ」(ソニー銀行)、「ソトコトノハ」(ソニー FLO:Q×ソトコト)、「Photo Speak」(モーションポートレート)など、ソニーの関連会社が手がけるアプリも登場する予定だ。

photophoto Xperia購入者向けのキャンペーン情報を案内する「キャンペーンナビ(写真=左)。メールソフト「PostPet」の“モモ”が登場するおこづかい帳「カンタンおこづかいメモ」(写真=右)
photophoto 環境雑誌「月刊ソトコト」とコラボレートしたTwitterクライアント「ソトコトノハ」では、ツイートするごとにCO2削減に貢献できる(写真=左)。So-netの子会社であるモーションポートレートが手がけた「Photo Speak」は、撮影した写真の顔を認識し、顔が動いてしゃべる(写真=右)
photo VAIOとXperiaのデータを共有できる「Evernote for VAIO」

 ソニーが開発している「Evernote for VAIO」は、今後発売されるVAIOにプリインストールされるアプリ。メモや画像、WebクリップなどのデータをXperiaのEvernoteと自動で同期でき、「VAIOとXperiaの新しい使い方を提案できる」と小林氏も自信を見せる。ソニーグループの中ではXperiaとの連携に興味を持つ部隊も増えているとのことで、PSPやWalkman、BRAVIAなど、ソニー製品との連携がさらに広がることにも期待したい。

photophoto 小林武史氏と大沢伸一氏のユニット「Bradberry Orchestra」が手がけたXperiaのCM楽曲「LOVE CHECK」のライブパフォーマンスも行われ、イベントを盛り上げた(写真=左)。左から、小林武史氏と大沢伸一氏(写真=右)
photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.