レビュー
» 2010年03月24日 18時53分 UPDATE

「Xperia」の“ここ”が知りたい:第6回 ブラウザはスピーディに操作できる?――「Xperia」

4月1日に発売されるドコモのスマートフォン「Xperia」。第6回では、スマートフォンで利用頻度の高いブラウザ機能について簡単に調べた。

[田中聡,ITmedia]
photophoto ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製の「Xperia」。ボディカラーはSensuous BlackとLuster Whiteの2色

質問:ブラウザの操作性はどう?

 「Xperia」はAndroid標準のブラウザを搭載しており、基本的な仕様は「HT-03A」と大きくは変わらない。タッチパネルを使った操作も可能で、フリックでページのスクロール、アイコンのタップでページの拡大・縮小などができる。ページの「戻る」は矢印キーから、「進む」はサブメニューの「その他」から行える。ディスプレイの解像度はフルワイドVGA(480×854ピクセル)なので、ハーフVGA(320×480ピクセル)のiPhoneと比べると、フォントや画像は鮮明だ。

photo 左が「iPhone 3GS」、右が「Xperia」

 画面左下に現れる矢印アイコンをタップすると、ページの全体が表示され、指が触れた部分の周囲が虫眼鏡のように拡大表示される。そのまま画面をなぞってスクロールすると、拡大表示された部分もスクロールする。表示領域の広いページで目当ての記事を探すときなどに便利だ。モーションセンサーにも対応しており、本体を横に傾けると横画面に切り替わる。

photophotophotophoto ブラウザのサブメニュー(写真=左端)。左下のアイコンから部分拡大、右の2つのアイコンからページの拡大・縮小ができる(写真=左中)。縮小した画面(写真=右中)。ブックマークや、よくアクセスするページと履歴も確認できる(写真=右端)
photophotophoto ページ全体を表示して、指で触れた部分を拡大表示、スクロールできる(写真=左、中)。指を離すとページのサイズが戻る(写真=右)
photophoto 横画面表示にも対応している

 気になる動作速度について、スクロール、ページの拡大・縮小、リンクへのアクセスなどはいずれもスムーズで、「iPhone 3GS」と比べても大きな遜色はないと感じた。

「Xperia」のブラウザ操作

(ムービーはこちらからでも参照できます)

質問:タッチパネルは静電式か

 Xperiaのタッチパネルは静電式を採用しているが、複数の部分に触れて操作するマルチタッチには対応しておらず、2本の指でつまんでページを縮小・拡大するピンチイン・アウトは利用できない。iPhoneの操作に慣れている人は不満を感じるかもしれないが、片手で操作をする分には大きな問題ないだろう。

質問:Flashサイトは表示できるか

 XperiaはAdobe Flashには対応しておらず、Flashサイトにアクセスしても、動画コンテンツは表示されない。

photophoto

質問:モーションセンサーはOFFにできるか

 寝そべりながらケータイでブラウジングをしていると、意図しないタイミングで画面が横向きに替わることがある。そんなときはモーションセンサーをオフにしておくとよい。Xperiaでは「設定」→「サウンド&画面設定」→「画面の向き」のチェックを外すと、モーションセンサーがOFFになり、端末を傾けても画面は縦向きのままとなる。

photophoto 端末を傾けると画面も横に回転する
photophoto 「画面の向き」のチェックを外すと、画面は縦向きに固定される

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.