ニュース
» 2010年03月28日 17時39分 UPDATE

基地局倍増、フェムトセルを無償提供――ソフトバンクが電波改善宣言

ソフトバンクモバイルが、携帯電話のエリア改善計画を発表した。同社は2010年度中に基地局を倍増するほか、5月からフェムトセル(小型基地局)を一般ユーザーや店舗に無償提供する。

[山田祐介,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは3月28日、携帯電話のエリア改善に関する施策を発表した。

 同社は今回の発表で、2010年度中をめどに基地局を倍増することを宣言した。また、発表同日に開催されたソフトバンク創業30周年イベント「ソフトバンクオープンDAY」で孫正義社長は、電波の届かないエリアの情報をユーザーから受け付けるTwitterアカウントを設けることをアナウンスした。

 さらに、自宅や店舗・企業向けにフェムトセル(小型基地局)を無償提供する計画も発表された。5月10日から受付を開始する。フェムトセルの設置にはブロードバンド回線が必要だが、回線のない家や店舗に対しては、フェムト専用ADSLを無償で提供する。

 また、無線LANアクセスポイントの設置を検討している店舗や企業に、無線LANルーターを無償提供することも宣言された。こちらも5月10日から受付を開始し、ブロードバンド回線がない事業者に対しては専用のADSLを無償提供する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.