レビュー
» 2010年04月15日 16時35分 UPDATE

「Xperia」の“ここ”が知りたい:第8回 FOMAカードなしで「Xperia」を利用するには?

FOMAカードを抜いた状態でXperiaが利用できる「wosim」というアプリが公開されている。無線LANを使った通信もできるのか。さっそく試してみた。

[田中聡,ITmedia]
photo FOMAカードなしでXperiaを起動すると、緊急通報のアイコンが画面に表示され、ホーム画面は呼び出せない

 NTTドコモのスマートフォン「Xperia」は、FOMAカードなしでは利用できない仕様になっている。例えばXperiaを1回線で契約した場合、FOMAカードをiモード端末に挿し、Xperiaでは無線LANでインターネットを利用する、といった使い方はできない。そもそも、FOMAカードを抜いた状態でXperiaを起動すると、ホーム画面やメインメニューを呼び出すことすらできない。

 Xperiaを1回線で利用しているユーザーや、3G通信を控えてパケット通信料を抑えたいユーザーにとっては不便な仕様だが、先日公開された無料の「wosim」アプリを入れることで、FOMAカードなしでもXperiaが利用できるようになる。筆者もさっそく試してみた。

 まず、wosimをAndroidマーケットでダウンロードしよう。インストールが完了したら、ホーム画面でウィジェットを呼び出し、wosimを選択して画面に設置する。初期状態ではwosimはオフになっており、このままではFOMAカードを抜いた状態のXperiaは利用できない。wosimアイコンをタップするとオンになり、FOMAカードなしでもXperiaが利用可能になる。以後、アイコンをタップするたびにオフとオンが切り替わる。

 続いて、wosimをオンにした状態で電源を切り、FOMAカードを抜いてXperiaを再起動すると、ロック解除画面からホーム画面を呼び出せる。通常、FOMAカードがない状態でXperiaを起動すると、緊急通報用のアイコンが画面下部に表示されるのみで、ホーム画面は呼び出せない(ちなみに、日本からはSIMカードがないと緊急通報はできない。これはグローバルの仕様に合わせたためだと思われる)。

photophotophotophoto ホーム画面にwosimを追加し、アイコンをタップするとオンになる
photophoto SIMカードを抜いて起動すると、通常通りロック解除画面が現れ、画面には「SIMカードが挿入されていません」とのメッセージが出る(写真=左)。ホーム画面にもアクセスできる(写真=右)

 筆者も実際にwosimアプリをオンにして試したところ、無線LANを利用してブラウザやEメール、Timescape、YouTubeなどのインターネットサービスを利用できた。なお、wosimアプリのオンとオフにかかわらず、(当たり前だが)FOMAカードなしでは3G回線を使った通信はできず、電話やSMSは利用できない。

photophotophoto 3G圏外のアイコンと、FOMAカード未挿入のアイコンがステータスバーに表示されているが、無線LAN経由でブラウザにアクセスできた(写真=左)。3G回線は利用できないので、電話とSMSは使えない(写真=中、右)

 FOMAカードを入れ替えてXperiaとiモード端末を併用している人にとっては、wosimは非常に便利なアプリといえる。無線LAN環境にいることが多い人は、試してみてはいかがだろうか。なお、wosimはSIMロック解除を行うわけではなく、FOMAカードなしでもXperiaを利用可能にするユーティリティアプリとなる。詳細は作者のページ(外部リンク)を参照してほしい。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.