ニュース
» 2010年04月20日 15時19分 UPDATE

App Town ナビゲーション:iPhone向けの「NAVITIME」アプリが再登場

ナビタイムジャパンが4月20日、iPhone 3G/3GS向けのナビアプリ「NAVITIME for iPhone」をリリースした。地図検索や乗換案内は無料で利用可能。トータルナビなどは有料会員登録をする必要がある。

[ITmedia]

 ナビタイムジャパンが4月20日、iPhone向けアプリケーション「NAVITIME」の提供を開始した。アプリは無料でダウンロードでき、乗換案内と地図検索が利用可能。歩行者ナビゲーション「トータルナビ」などを利用するためには月額315円のNAVITIME PCコース有料会員登録が必要になる。

 NAVITIMEは、GPSを利用した携帯電話向けの歩行者ナビゲーションサービスとして国内で高い人気を誇るサービス。2008年7月にiPhone 3Gが日本で発売された当初は、携帯電話と共通のユーザーインタフェースを備えたアプリを提供していたが、その後サービスの提供を中止していた。今回新たにiPhoneアプリをリリースするにあたり、iPhoneらしい画面デザインとユーザーインタフェースを採用。音声による徒歩ルート案内も用意した。

 なお、前述のとおりトータルナビや音声案内、履歴、My設定などの各種登録機能、PC版NAVITIMEとの連携機能などを利用するためには、クレジットカードで月額315円を払うNAVITIME PCコースへの有料会員登録をする必要がある。

 AndroidスマートフォンやWindows phone、BlackBerry、Nokia N82/N95/E61などで利用できるNAVITIMEアプリは以前から提供されており、今回のiPhoneアプリの提供によって、利用できるプラットフォームがさらに広がることになる。

 携帯電話で有料会員登録をしていても、アプリ版のNAVITIMEを利用するためにはクレジットカードでの有料会員登録が必要だが、NAVITIME PCコースに登録していれば、同時にアクセスしない限り複数のスマートフォンでNAVITIMEの有料コースを利用することは可能だという。

PhotoPhotoPhotoPhoto アプリを起動すると、まずすべてのサービスを利用するには有料会員登録が必要である旨が表示される。無料版では乗換案内と地図検索が利用可能。有料会員のIDでログインをすると、トータルナビなどの全サービスが利用できる
PhotoPhoto 検索をしてルートを選び、地図を表示する、といった主な操作方法はケータイ版と同じだが、ユーザーインタフェースはiPhoneらしいものに変わっている。ルート案内は音声によるガイドも可能

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.