ニュース
» 2010年04月23日 11時31分 UPDATE

ソフトバンク、「X02T」のソフトウェア更新を開始

ソフトバンクのWindows phone「X02T」の最新ソフトウェアが提供された。

[田中聡,ITmedia]
photo 東芝製の「X02T」

 ソフトバンクモバイルは4月22日、東芝製のWindows phone「X02T」のソフトウェア更新を実施したと発表。

 改善内容は、新着メールを受信したことを知らせるランプの動作設定が可能になるというもの。このほかにも、快適に利用するための更新が含まれている。

 最新ソフトウェアのバージョンは「SP-01」。ユーザーはPC経由でソフトウェアを更新する。更新の所要時間は約5分。ソフトウェアのインストールに必要な本体の空き容量は10Mバイト。詳細は東芝のWebサイト(外部リンク)を参照。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう