レビュー
» 2010年04月26日 14時04分 UPDATE

iPod Style:iPhone/iPod touchの両方で使えるバッテリーケース、セイワ「M120」

セイワの「M120」は、iPhoneケースと外部バッテリーが一体となったバッテリーケース。iPod touchを装着するためのスペーサーが付属している。

[戸津弘貴,iPod Style]
iPod Style

 セイワの「M120」は、iPhoneケースと外部バッテリーが一体となったバッテリーケース。iPod touchをiPhoneサイズにするスペーサー(ラバーパッド)が付属しているため、iPhoneとiPod touch両モデルに対応できる。

photo セイワの「M120」

 1800mAhの容量を持つリチウムポリマーバッテリーを内蔵し、5V500mAの出力を持つ。充電(蓄電)は、底部のminiUSBポート経由で行い、背面のスイッチにより給電(充電)のON/OFFを切り替えられる。USBポートは、充電だけでなく、iTunesとのシンクロも可能。

photophoto
photophoto

 iPod touchへの装着には、付属のiPod touch用ラバーパッドを使用する。ちょうど、iPod touchの厚さと高さをスペーサーによってiPhoneサイズに調整する感じになる。また、このラバーパットにより、iPhoneカメラ用ホールは塞がれる。

 メーカー仕様では、第2世代(2008)と第3世代(2009)に適合となっており、ラバーパッドもぴったり収まる。若干、無理矢理感はあるが、第1世代のiPod touchも装着することができた。いずれの世代のiPod touchも、ヘッドフォン端子は底部にあるので、使用できなくなってしまう。Bluetoothやスピーカ付きの第2世代以降はともかく、第1世代は、無音で動画やiPhoneアプリを楽しむか、メールやWeb閲覧などに限定されてしまうだろう。

photophoto

 ケースは丸みを帯びたデザインで、ラバーコーティングされている。iPhone/iPod touchの装着は、上部のパーツを引き上げてDockコネクタを接続してパーツを戻す手順で行う。パーツにはスプリングが仕込まれているので、手を離せば元の状態へ戻る。ヘッドフォン端子やボリューム、パワースイッチ類には切り欠きがあるので、ケースに入れたままiPhoneの操作ができる。iPhoneのバッテリー残量0の状態からでも充電が行え、ほぼ100%まで充電することができた。

 表面底部には、3つの青いLEDがあり、充電および給電の状態を表示する。「→ → →」と、左から右へ点滅している場合にはiPhoneなどの機器への充電(給電)を表しており、「← ← ←」と、右から左への点滅はケース本体への充電(蓄電)を意味しているので、今の電源の状態が分かりやすくなっている。背面の電源スイッチをONにすると一時的にバッテリー残量表示モードになり、現在の充電(蓄電)状態、バッテリー残量の確認を行う事ができる。

photophoto
photo

 実売で6000〜8000円程度とバッテリー内蔵ケースとしては平均的な価格。同価格帯の製品としては、容量やiPhone, iPod touch両対応などの点で優れているという点を考慮するとコストパフォーマンスは良いだろう。ゆくゆくはiPhoneを購入したいと思っているiPod touchユーザーや、家庭内にiPhoneもiPod touchもある場合などに、両対応のメリットが効いてくるだろう。欲をいえば、「Made for iPodおよびWorks with iPhone」対応であると申し分ないと言うところだろうか。

関連キーワード

iPhone | バッテリー | iPod touch | 保護ケース


Copyright (C) 2002-2017 - iPod Style - All rights reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう