調査リポート
» 2010年05月06日 17時21分 UPDATE

Android 2.1を使っているのはAndroidユーザーの約3分の1

GoogleはAndroid OS各バージョンの利用状況を推計し、デベロッパー向けのサイトで定期的に公表している。5月3日に発表された最新のデータでは、Android 2.1を使っているユーザーは、まだ全体の3分の1程度にとどまっているようだ。

[ITmedia]

 Googleが5月3日、過去14日間にAndroidマーケットにあったアクセスを元に、ユーザーが利用している端末のAndroid OSのバージョンを調査し、その分布を推計したグラフを更新した。

 それによると、最新のAndroid 2.1を利用しているユーザーは、全体の約32.4%とほぼ3分の1程度。Android 1.6が29.4%、Android 1.5も37.2%いて、まだ旧バージョンのユーザーの方が圧倒的に多いことが分かる。

Photo
プラットフォームバージョン デバイスの%
Android 1.1 0.1%
Android 1.5 37.2%
Android 1.6 29.4%
Android 2.0 0.3%
Android 2.0.1 0.6%
Android 2.1 32.4%

 Android OSは、端末の開発時期や発売時期、その後のバージョンアップの有無などによってそのバージョンが異なっており、最新のOSを搭載しているモデルは徐々に増えつつあるが、まだ少ない。例えばドコモの「HT-03A」は、Android 1.5を搭載して発売され、その後アップデートが提供されたが、Android 1.6以降はアップデートされていない。4月1日にドコモが発売した「Xperia」は、先日Android 2.1へのアップデートが明言されたが、時期は未定で、現状ではAndroid 1.6搭載となっている。ソフトバンクモバイルが4月27日に発売した「HTC Desire」はAndroid 2.1を搭載しており、そのスペックの新しさをウリにしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう