ニュース
» 2010年05月12日 14時48分 UPDATE

シャープ、ハイビジョンの3D映像を撮影できるカメラモジュールを開発

シャープがモバイル機器向けの新しいカメラモジュールを発表。高画質なハイビジョンの3D映像を撮影できるのが特徴だ。

[田中聡,ITmedia]
photo モバイル機器向けの、ハイビジョン・3D対応カメラモジュール

 シャープは5月12日、ハイビジョン(1280×720ピクセル)の3D映像が撮影できる、モバイル機器向けカメラモジュールを発表。7月にサンプル出荷を行い、2010年中に量産する。デジタルカメラや携帯電話、スマートフォンなどへの搭載を予定している。

 3D映像は、右眼用と左眼用の映像を2台のカメラで同時に撮影し、1つの映像に合成することで実現する。今回発表した3Dカメラモジュールは、左右2つのカメラが出力する映像の色と明るさを調整する「カラーシンクロ処理」と、映像信号のタイミングを同期化する「タイミングシンクロ処理」、位置ずれを調整する「光軸調整処理」を搭載している。

 ハイビジョンモードでの3D映像の撮影は、イメージセンサーから信号を高速で読み取ることで可能になる。また、シャープが長年培ってきた高密度実装技術により、コンパクトな形状を実現しているのも特徴の1つ。

 シャープはタッチパネル対応の3D液晶も発表しており、3Dカメラモジュール技術により、新たな3D市場の創出を目指すとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.