ニュース
» 2010年05月18日 10時15分 UPDATE

厚さ10ミリのスタイリッシュ端末がさらに進化――「842P」

「842P」は、ソフトバンク端末の中でもスリムなモデルとして登場した「832P」の特徴を受け継ぎつつ、メール機能などベーシックな使いやすさを進化させたスタイリッシュモデルだ。

[山田祐介,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルのパナソニック モバイルコミュニケーションズ製端末「842P」は、厚さ約10ミリのスリムボディを採用した「832P」の特徴を引き継ぎ、機能をさらに充実させたモデルだ。

photophoto 「842P」。左からブレイバリーブラック、ゴールド、ホワイト、ピンク

 ボディは832Pのデザインをベースに、ゴールドフレームを新たに採用することで高級感を演出した。また、832Pが枠のないフラットなシートキーを採用していたのに対し、新モデルは押しやすさに配慮したセパレートキーを採用している。

 メールの文章を入力するだけで「デコレメール」に変換できる「楽デコ」機能に対応。さらに、季節や時期に合わせて文字変換候補が変わるなど、予測変換機能に新たな工夫が凝らされている。ウィジェットに対応し、待受画面から最新の情報を確認できるほか、サイドキーの長押しでブックマーク一覧にワンタッチで遷移できるなど、情報への素早いアクセス手段を用意した。

 カメラは有効約320万画素のCMOSセンサーを採用し、ディスプレイは3インチワイドQVGA(240×400ピクセル)液晶。ボディカラーはブレイバリーブラック、ゴールド、ホワイト、ピンクの4色展開となる。

「842P」の主な仕様
機種名 842P
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約50×110×10(最薄部)ミリ
重さ 約108グラム
連続通話時間 3G:約180分/GSM:約180分
連続待受時間 3G:約460時間/GSM:約240時間
カメラ 有効約322万画素CMOS
外部メモリ microSDHC
メインディスプレイ 約3インチワイドQVGA(240×427ピクセル)液晶
ボディカラー ブラック、ホワイト、ポンパドゥールピンク、ゴールド(予定)
主な機能 HSDPA、ワンセグ、世界対応ケータイ、おサイフケータイ、ミュージックプレーヤー、PCサイトブラウザ、ウィジェット、赤外線通信 ほか

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.