ニュース
» 2010年05月18日 14時17分 UPDATE

PROシリーズ:“モバギ”を彷彿とさせるiモード対応QWERTYキー搭載端末――「N-08B」

ドコモのPROシリーズ端末「N-08B」は、約4.6インチの大画面ディスプレイと幅12.7ミリのパンタグラフ式QWERTYキーボードを備えたユニークなモデルだ。

[園部修,ITmedia]

 ドコモの2010年夏モデルでは唯一のPROシリーズ端末「N-08B」は、QWERTYキーボードを搭載したiモードケータイだ。

 幅180ミリ、奥行き77.9ミリと、“ケータイ”と呼ぶには少々大柄のボディには、約4.6インチのフルワイドVGA(480×854ピクセル)ディスプレイと、12.7ミリピッチのQWERTYキーボードを搭載する。まるで往年のNEC製PDA「Mobile Gear」を想起させる端末だ。キーのストロークは1.2ミリ。数字キーや記号キーも独立したパンタグラフ構造の大型キーは、かな入力にも対応しており、ノートPC並みの入力環境を備える。

PhotoPhoto 12.7ミリピッチのQWERTYキーボードを備える「N-08B」。ボディカラーはultimate blackのみ

 そんな日本語入力に特化した端末だけに、テキストエディタも全角で5000文字まで入力できる独自のものを搭載。内蔵メモリに3500ファイルまで保存できる。テキスト形式でも保存でき、作成した文書はメールで送ったり、他の機器で利用したりできる。大型のボディには大容量バッテリーを備え、連続待受時間は約1000時間を実現している。ワンセグも約5時間の連続視聴が可能だ。

 またIEEE802.11b/g準拠の無線LAN(Wi-Fi)も搭載しており、Wi-Fi経由でのインターネットアクセスも容易に行える。自身がアクセスポイントになるモバイルルーターとしても利用可能で、複数台の機器をネットに接続することも可能。らくらく無線スタートやAOSSをサポートしているので、設定も簡単にできる。

 N-08Bならではの機能として、ホームサーバ・クライアントソリューションの「LUi」に対応していることも挙げられる。LUi機能を利用すれば、自宅のPC上のアプリケーションの遠隔操作が可能で、外出先などから自宅のPCのアプリケーションが利用できる。

 一般的なハイエンドケータイ同様、ワンセグやiコンシェル、Bluetooth、マイエリアなどの機能に対応しており、iモードケータイとしてメールやiモードサイトの閲覧も可能。ただ、電話をするためにはスピーカーホン、もしくは別売のイヤフォンマイクやヘッドセットが必要になる。

「N-08B」の主な仕様
機種名 N-08B
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約80×180×18.1ミリ(最厚部約18.9ミリ)
重さ 約300グラム
連続通話時間 約350分
連続待受時間 約1000時間
アウトカメラ
インカメラ 有効33万画素CMOS
外部メモリ microSDHC(別売/最大16Gバイト)
メインディスプレイ 約4.6インチフルワイドVGA(480×854ピクセル)1677万7216色TFT液晶
サブディスプレイ
ボディカラー ultimate black
主な機能 ワンセグ、Bluetooth、Wi-Fi(IEEE802.11b/g)、アクセスポイントモード、iコンシェル、使い方ガイド、マイエリア、3G国際ローミング ほか
新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.