ニュース
» 2010年05月18日 21時50分 UPDATE

フルハイビジョンケータイ、映像の楽しみ方は

ついにケータイの動画撮影もフルハイビジョンの時代に突入した。「世界初」のフルHDケータイの詳細と、ハイビジョン撮影した映像をどのように楽しむかの提案をチェックした。

[ITmedia]
photo 「F-06B」

 ついにケータイでの動画撮影もフルハイビジョンの時代に突入した。NTTドコモの富士通製端末「F-06B」とシャープ製端末「SH-07B」はいずれもフルハイビジョン(1920×1080ピクセル)の動画撮影が可能だが、使い勝手を含めた細部はいずれも異なる。

 F-06Bは「スライドヨコモーション」と呼ばれる機構を備えており、画面が上下スライドするだけではなく、横へも90度回転する。動画撮影についてはスタイルによって制約があり、画面を縦にした状態、あるいは画面を90度横倒しした状態ではフルハイビジョン撮影が行えず、本体を横に構えた状態でのみ行える。一方、SH-07Bは回転2軸を採用しており縦横の利用スタイルが選択できるが、F-06Bとは異なり、本体を縦にした状態でもフルHD映像が撮影できる。

photophotophoto 画面を90度横へ回転させたF-06B。画面には「フルHD」の文字が見えるが、この状態では選択できない(写真=左、中)、フルハイビジョン撮影を行う際には本体を横にする必要がある(写真=右)

 F-06Bの動画撮影モードは、前述のフルHD(1920×1080ピクセル)のほか、「HD」(1280×720ピクセル)、「VGA」(640×480ピクセル)、「QVGA」(320×240ピクセル)、「QCIF」(176×144ピクセル)の5種類を備えており、フルHD以外の撮影モードならば本体スライドや回転機構がどの状態でも利用できる。SH-07Bの撮影モードもほぼ同一のものが用意されるが、FWVGA(864×480ピクセル)も含めた6種類となっている。

photophotophoto SH-07Bは本体をどのような状態でもフルHD映像が撮影できる

 両モデルともファイル形式は.MP4で、映像コーデックはMPEG-4 AVC/H.264、フレームレートは24fps。ハイビジョン動画撮影時のビットレートはいずれも可変となり、F-06Bが最大14Mbps、SH-07Bは最大9Mbps。映像のファイルサイズはビットレートによっても変わってくるが、「フルハイビジョン撮影の場合、2GバイトのmicroSDメモリーカードに約18分のフルハイビジョン映像が保存できます」(F-06Bの説明員)が目安となる。

 SH-07BはHDMIを備えており、撮影したフルHD映像をテレビに映して楽しむこともできるが、F-06BはHDMIなど映像外部出力が用意されていないので、鑑賞時にはmicroSDメモリーカードを抜き出し、QuickTimeなどのソフトを使い、パソコンで視聴するのが基本的なスタイルになる。ここは同じフルHD撮影対応製品でも大きな違いといえるだろう。

photophotophoto SH-07BはHDMI接続したテレビへ映像を映し出せる。また、液晶テレビ「AQUOS」のリモコンからSH-07Bに保存されている映像の再生も行える(写真=左、中)、F-06Bで撮影したハイビジョン映像のデモ(写真=右)

 フルHDには対応せず画像サイズは最大1280×720ピクセルとなるが、この「撮影した映像をどう楽しむか」にひとつの答えを提案しているのが、NECカシオモバイルコミュニケーションズ製の「N-04B」。IEEE802.11b/gの無線LAN機能とDLNA準拠ソフト「メディアスリンク」を搭載しており、DLAN準拠のパソコンなどへ撮影した動画を転送することができる。転送ではなく、N-04Bからのストリーミング映像再生も可能だ。

photophotophoto N-04BとNEC製パソコン「VALUESTAR VW970/WG」との組み合わせ。携帯とパソコン、どちらをサーバ/クライアントにしても構わない(写真=左、中)、ストリーミング再生中(写真=右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう