ニュース
» 2010年05月21日 20時00分 UPDATE

携帯販売ランキング(5月10日〜5月16日):順位の変動が激しい「Xperia」 圏外から再び首位に (1/5)

キャリア総合ランキングでは「Xperia」が再び首位を獲得。同モデルはまだまだトップ10を盛り上げてくれそうだ。ドコモのハイエンド端末「SH-01B」もトップ10圏内に復帰した。

[山田祐介,ITmedia]

キャリア総合ランキング TOP10

2010年5月10日〜2010年5月16日
順位前回順位キャリアモデル
1位15NTTドコモXperia
2位1ソフトバンクモバイルiPhone 3GS (16Gバイト)
3位2au簡単ケータイ K003
4位4ソフトバンクモバイルiPhone 3GS (32Gバイト)
5位5NTTドコモらくらくホン ベーシックII
6位12NTTドコモSH-01B
7位8auK002
8位3auSH004
9位9NTTドコモSH-06B
10位7ソフトバンクモバイルJelly Beans 840SH

この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。


photo 首位の「Xperia」

 キャリア総合ランキングでは、前回トップ10圏外にダウンしたNTTドコモのAndroid端末「Xperia」が再び首位に返り咲いた。在庫の状況によってランキング順位が大きく変わるのは、「iPhone 3GS」の発売当初にも見られた傾向だ。

 今回、上位5モデルを構成しているのはシニア向け端末とスマートフォンという結果となっている。前回12位まで順位を下げたハイエンドモデル「SH-01B」は、6位にまで盛り返した。ゴールデンウィークを契機にシンプル系端末の上位入りがより顕著になりつつあるが、SH-01Bは再びトップ3に浮上できるだろうか。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.