ニュース
» 2010年05月26日 21時57分 UPDATE

iPadとiPhoneを連動させたパーティーゲーム、KLabが開発

親機のiPadと、複数の子機のiPhoneを連動させて楽しめるパーティゲームが登場。ポーカーや麻雀、ダーツ、釣りなどのゲームが登場する。

[ITmedia]

 KLabは5月28日のiPad発売に合わせて、iPadと複数のiPhone間で通信可能なパーティーゲームをシリーズ化して提供する。

 親機のiPadと、複数の子機のiPhoneを連動させて楽しめるパーティゲームを開発。第1弾として「PartyPoker β版」「PartyCoupleMatching β版」を提供する。

 Partyシリーズでは、参加者が1人1台のiPhoneを手に持ち、他人に見られたくない画面はiPhoneに、参加者全員で見る画面をiPadに表示。PartyPoker β版ではiPadがテーブルになり、参加者が場に出されたカードを見ることができる。

 同社は今後、麻雀やダーツ、ボーリング、釣りなどのゲームをリリースする予定としている。

sa_klab01.jpgPhoto 左がPartyCoupleMatching β版、右がPartyPoker β版

関連キーワード

iPad | iPhone | パーティー | ゲーム開発 | KLab | 麻雀


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.