ニュース
» 2010年05月29日 14時03分 UPDATE

「Xperia」最新ソフト誤配信――ショップで預かり対応、交換の場合も

ドコモが「Xperia」の最新ソフトウェア誤配信について正式発表をした。アップデートをしたユーザーは、ショップへ預けて点検をしてもらうか、不具合が発生した場合は交換することになる。

[田中聡,ITmedia]
photo 「Xperia」

 NTTドコモは5月28日、同日にスマートフォン「Xperia」向けの最新ソフトウェアを誤って配信したことを正式に発表した。バージョンアップファイルは6月中旬の提供を予定していたが、5月28日17時25分ごろから誤配信された。その後、ドコモは20時3分ごろに同ファイルをダウンロードできないよう対処した。

 28日に配信されたものは正式なバージョンアップファイルではないため、すでにアップデートをしたユーザーに対し、同社はドコモ故障取扱窓口へ来店するよう呼びかけている。

 ドコモショップに問い合わせたところ、「ショップに預けて点検をするか、(アップデートにより)不具合が発生した場合に交換する方法で対応する」とのこと。問い合わせたショップでは、預かった場合の代替機について、「現在、Xperiaの在庫がないので、ほかの端末をお渡しすることになる。Xperiaの代替機をいつごろ取り寄せられるかは分からない」と話していた。また、現時点では28日のアップデートによって問題が発生したという報告は受けていないとのこと。

 28日にアップデートしたXperiaユーザーは、ショップに端末を預けるか、問題が発生するまで待つか、6月中旬の正式アップデートまで判断を委ねられることになりそうだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.