ニュース
» 2010年06月30日 14時55分 UPDATE

ウィルコム、“キラキラ仕様”の「Premium Bar presented by BAUM」発表

ウィルコムが、ストレート型音声端末「Premium Bar presented by BAUM」を発表。BAUMの基本仕様はそのままに、ボディカラーを高級感あるメタリック仕上げに変更している。

[ITmedia]

 ウィルコムが6月30日、京セラ製の音声端末「Premium Bar presented by BAUM」を発表した。京セラ製ストレート音声端末「BAUM」のバリエーションモデルで、ゴールド、プレミアムピンク、ネイビー、シャインホワイト、グリーンの5色を用意。ゴールド、プレミアムピンク、ネイビーを7月15日から、シャインホワイト、グリーンを24日から販売する。

Photo 左からシャインホワイト、ゴールド、プレミアムピンク、グリーン、ネイビー

 Premium Bar presented by BAUMは、BAUMに高級感のあるメタリック仕上げを施し、ダイヤルキーをミラー仕上げにしたBAUMのプレミアムバージョン。側面のストライプ柄や、電子マネー/ICデータ通信などに利用できるおサイフケータイ、Flash Lite 3.1対応、日本語入力システム「iWnn」など、主な仕様はBAUMを踏襲している。

 端末の価格は、ウィルコムストアでW-VALUE SELECTを利用して新規契約をした場合、一括払いで4万2000円。分割購入の場合は1750円×24回となる。なお24カ月利用すると、月々1350円のW-VALUE割引が適用されるため、実質負担額は月々400円×24回の負担で総額は9600円となる。機種変更の場合は、W-VALUE割引が月々1750円×24回適用されるため、実質負担額は0円となる。

 なお、Premium Bar presented by BAUMの発売に合わせ、契約時に満22歳以下のユーザーを対象に提供している「新ウィルコム定額プランS」に、年齢・利用期間を問わず加入できるキャンペーンを展開する。キャンペーン期間は8月31日まで。新ウィルコム定額プランSは、月額1450円でウィルコムへの通話が24時間無料、Eメールは他社携帯電話・PCへの送受信が無料になる料金プラン。パケット通信はオプション料金なしで0円から上限が2800円とリーズナブルになっている。

BAUMの主な仕様
機種名 Premium Bar presented by BAUM(WX341KP)
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約45×127×11.4ミリ
重さ 約90グラム
連続通話時間 約6時間
連続待受時間 約560時間
アウトカメラ 有効197万画素CMOS
インカメラ
外部メモリ microSD(最大2Gバイト)
メインディスプレイ 2.4インチ ワイドQVGA(240×400ピクセル)表示対応液晶
サブディスプレイ
その他機能 赤外線通信、Java、Flash Lite 3.1、デコラティブメール、Webブラウザ(NetFront)、POP3/SMTPメール送受信、iWnn、通話中着信表示、長電話お知らせ機能、しっかリンク、お気に入りメニュー
ボディカラー ゴールド、プレミアムピンク、ネイビー、シャインホワイト、グリーン

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.