ニュース
» 2010年07月15日 14時15分 UPDATE

ワイヤレスジャパン2010:京セラ、初のAndroid端末「Zio」を展示――LTE対応のコンセプトモデルも

京セラブースでは、同社製モデルでは初となるAndroid端末「Zio」を披露。ワイヤレスジャパン初日に日本へ届いたばかりという同機種の外観をチェックした。

[田中聡,ITmedia]

 京セラが、ワイヤレスジャパン2010で同社初のAndroidスマートフォン「Zio(ザイオ)」を展示。2010年度に北米市場で発売する予定で、日本での発売は未定。OSはAndroid 1.6。通信方式はCDMA2000、1xEV-DO Rev.Aをサポートする。

photophotophoto 京セラ製のAndroid端末「Zio」

 Zioは3.5インチのワイドVGA液晶(TFT、26万色表示)を備えたフルタッチ端末。サイズは約58.6(幅)×116(高さ)×12.2(厚さ)ミリ、重さは約105グラムで、薄型軽量ボディを実現しているのが大きな特徴。筆者はiPhone 3GS(約135グラム)とXperia(約139グラム)を常用していることもあり、Zioを初めて触ったとき、その軽さが印象的だった。またスマートフォンとしてはボディが細くて持ちやすい(iPhone 3GSの幅は約62.1ミリ、Xperiaの幅は約63ミリ)。

photophoto タッチパネルとトラックボールを使って操作する(写真=左)。裏面にはカメラとスピーカーがある(写真=右)
photophoto 左側面にはイヤフォン端子とサイドキー、Micro USB端子がある(写真=左)。右側面にはカメラキーとmicroSDスロットがある(写真=右)
photophoto Micro USB端子(写真=左)とmicroSDスロット(写真=右)
photophoto 片手でも持ちやすく軽い(写真=左)。iPhone 3GSやXperiaと比べてボディが細いことが分かる(写真=右)

 ほかのAndroid端末と同じく、YouTubeやGoogle MapなどのGoogleアプリやHTMLブラウザを搭載。カメラは320万画素で、30fpsの動画を再生できるプレーヤーも用意している。

 本体表面には4つのセンサーキーと、トラックボール、2つの物理キーを搭載(そのうちの1つが電源キー)。スマートフォンでは珍しく、本体の右下に電源キーがある。このあたりは一般のケータイと同じ感覚で使えそうだ。センサーキーからはホーム画面へのアクセスやサブメニューの呼び出し、戻る、検索などの操作が可能。トラックボールはBlackBerry BoldやIS01などでもおなじみのデバイスで、ころころ転がすことでカーソル移動やスクロールができるほか、ボタンを押すと決定操作ができる。

 Android端末は独自のユーザーインタフェース(UI)を搭載したモデルが多いが、Zioのホーム画面やメインメニューは一般のAndroid端末を踏襲している。スペックもスマートフォンとしては標準的で、「薄型・軽量のサイズ感を訴求していく」(説明員)という。なお、Zioを国内で展示するのは今回が初めて。説明員は「今日(7月14日)端末が届いたばかりだった」と話していた。

photophoto 4つのセンサーキーとトラックボール、電源キーを含む2つの物理キーを表面に装備している(写真=左)。メインメニュー(写真=右)

 このほか、京セラはAndroid端末のコンセプトモデルを参考出展。5インチの大型ディスプレイを搭載したLTE対応機や、タッチパネルとスライド型QWERTYキーボード搭載モデル、富士通製の「F-06B」をほうふつとさせる、スライド型横振り構造の端末を展示していた。同社はLTE対応モデルを始め、今後もグローバル市場に向けてAndroid端末を積極的に開発していく構えだ。

photophotophoto 左からLTE端末、2台のタッチパネル+QWERTYキー端末
photophotophoto 左からタッチパネル+QWERTYキー端末、タッチパネル+QWERTYキー端末(スタンド付き)、スライド型横振り構造端末
photo 6台のコンセプトモデル

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.