コラム
» 2010年07月16日 20時10分 UPDATE

ふぉーんなハナシ:spモードメールは“家族間メール無料”の対象? Wi-Fi経由で使える?

ドコモがスマートフォン向けに提供予定のspモードメールは、iモードメールと同じ感覚でメールをやり取りできる。では、iモードメールと同じく、「ファミリー割引」を契約した家族とのメールは無料になるのだろうか。

[田中聡,ITmedia]
photophoto 専用アプリを使ってspモードメールをやり取りする。写真はAndroid端末向けアプリ

 NTTドコモが9月に提供予定のスマートフォン向けISP「spモード」を利用することで、スマートフォンでも「@docomo.ne.jp」を使ったメールが利用可能になる。このspモードメールは専用アプリを使うことで、iモードメールと同じ感覚でメールをやり取りできるのが特徴だ。

 ただし1つだけ注意したいのが、spモードメールは家族間メール無料の対象にはならない点だ。ドコモの「ファミリー割引」を契約すると、家族間のiモードメールの送受信が無料になるが、残念ながらspモードメールには適用されない。

 つまり、スマートフォンから家族のiモード端末にspモードメールを送信した場合、iモード端末の受信料は無料だが、スマートフォンには送信料がかかる。逆の場合も同様で、iモード端末からスマートフォンにiモードメールを送った場合、iモード端末は無料で済むが、スマートフォンには受信料がかかる。当然、スマートフォン同士でspモードメールを送受信した場合、どちらにも送受信料がかかる。

 ドコモによると、iモードメールとspモードメールはISPが異なるため、システム上の問題から無料化が難しいのだという。また、今後spモードメールを家族間無料の対象にする予定は「現時点ではない」とのこと。

 ただし、spモードメールを無料で利用する手段はある。ドコモに確認したところ、spモードメールは、割引サービス「メール使いホーダイ」の対象には含まれる。メール使いホーダイは、月額780円の「タイプシンプル バリュー」(バリューコースの場合)と月額0〜4410円(フルブラウザとスマートフォンの利用時は5985円)の「パケ・ホーダイ シンプル」を選択することで、国内のiモードメールとmopera Uメールの送受信が無料になるサービス。これが9月以降はspモードメールにも適用されることになる。

 タイプシンプル バリューは無料通話分がなく、メール使いホーダイでは同プラン以外は選べないので、通話をよくするユーザーには向かない。ただ、それ以外のプランを選んだ場合でも、パケット通信料を上限の5985円まで毎月使っている場合は、家族間メールが無料でなくてもほぼ影響はない。影響があるのは、メール使いホーダイを契約しておらず、なおかつパケット通信料の上限を抑えたい人などが考えられる。

※初出時に「パケ・ホーダイ シンプル」の上限額を4410円と記載していましたが、スマートフォンの利用時は5985円です。お詫びして訂正いたします。(7/16 22:56)

 どの程度のデメリットがあるのか、そもそもデメリットがあるのかはユーザーによって異なるが、家族間でよくメールをやりとしていて、spモードの契約を考えている人は覚えておきたい。

 また、spモードメールを利用できるのは「3Gネットワークのみで、無線LAN経由では利用できない」(NTTドコモ)。したがってspモードメールを“無料”で利用できるのは、現時点では「メール使いホーダイ」を契約した場合のみとなる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.