ニュース
» 2010年07月22日 09時30分 UPDATE

「HTC Desire X06HT」 のMMS対応とAndroid 2.2へのアップデート予定を公表

ソフトバンクの孫正義社長が、販売を終了する「HTC Desire X06HT」のMMS対応とAndroid OSのバージョン2.2(Froyo)へのアップデートを予定していることを明らかにした。詳細は近日発表する。

[園部修,ITmedia]

 ソフトバンクの孫正義社長が7月21日、「HTC Desire X06HT」の販売終了に伴うユーザーからの質問にTwitter上で答え、9月中旬に、他社ケータイとメールや添付ファイル付きのメールをやり取りできるS!メール(MMS)に対応する計画であること、11月をめどにAndroid OSをバージョン2.2(開発コードネーム「Froyo」)にアップデートする予定であることを明らかにした。

 X06HTは、ソフトバンク初のAndroidスマートフォンだが、4月末の発売以来品薄状態のまま、7月29日で予約受け付けを終了し、予約分の出荷を持って販売を終了する。これを受け、発売時から対応が検討されていたMMSの扱いがどうなるのか、今後のサポートは大丈夫なのか、といった声がTwitterで孫社長宛に寄せられていた。

 21日夜、孫社長は「後藤君」宛てに「返事頼む」とツイート。直後に後藤誠二氏から、MMSは9月中旬、Android 2.2へのアップデート(日本語対応含む)は11月をめどに対応予定であるとの返答があった。「詳細は近日中に発表」とのことで、ソフトウェアをどのように配布するのか、どのようにアップデートするのか、具体的な時期はいつなのか、といったことはまだ判明していないが、少なくともMMSは利用可能になること、OSは2.2にアップデートされることははっきりした。

 X06HTの予約受け付けは7月29日で締め切るが、受け付けた分に関しては必ず出荷するとのことなので、手に入れたい人は予約を忘れずに。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.