インタビュー
» 2010年07月29日 10時29分 UPDATE

開発陣に聞く「F-06B」:機能だけじゃない、スピードとUIも改善――「F-06B」で目指した“最高峰” (1/3)

「F-06B」のインタビューでご登場いただいた開発者は総勢10人――。筆者がこれまでにインタビューした中では最多だ。それだけ、F-06Bには多くのこだわりが凝縮されているといえる。発売から好調に売れているF-06Bの舞台裏を聞いた。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモの富士通製端末「F-06B」は、フルHD動画撮影可能な1320万画素カメラや3.5インチのフルワイドVGA液晶、Wi-Fi機能やマルチメディア対応の電子辞書など、ドコモの夏モデルの中でもスペックの高さが際立っている。さらに、ドコモの携帯販売ランキングでは6週連続で首位を獲得するほどの支持を集めており、単なるスペック偏重モデルでないことが分かる。F-06Bは何が進化し、どこが支持されたのか。

 マーケティング統括部 第一プロダクトマーケティング部 担当部長の増田茂則氏、マーケティング統括部 第一プロダクトマーケティング部の山本修久氏、先行開発統括部 プロジェクト部長の城山仁司氏、モバイルフォン事業部 第五技術部 プロジェクト課長の久保洋氏、モバイルフォン事業部長代理(機構・実装開発担当)兼第二技術部長の米山一暢氏、先行開発統括部 プロジェクト課長の淺原隆宏氏、モバイルフォン事業部 グローバル技術部 部長の井上欣也氏、ソフトウェア開発統括部 プロジェクト課長の高松屋嘉宏氏、モバイルフォン事業部 第一技術部の竹本裕治氏と湊清巳氏(いずれもモバイルフォン事業本部に所属)、プロダクト&サービスデザイン事業部 プロダクトデザイン部 チーフデザイナーの鎌田正一氏に話を聞いた。

photophoto 富士通製の「F-06B」。「F-09A」に続き、スライドヨコモーション機構を採用している
photo F-06Bの開発スタッフ。上段が左から山本氏、湊氏、鎌田氏、淺原氏、高松屋氏、竹本氏。下段が左から井上氏、増田氏、米山氏、久保氏

フレキケーブルの採用で防水構造を実現

photophoto モバイルフォン事業本部 先行開発統括部 プロジェクト部長 城山仁司氏(写真=左)と、モバイルフォン事業本部 モバイルフォン事業部 第五技術部 プロジェクト課長 久保洋氏(写真=右)

―― F-06Bはスライドヨコモーション機構のモデルとしては初めて防水性能を備えていますが、やはり防水の対応は苦労したのでしょうか。

城山氏 そうですね。F-06Bは(2009年夏モデルの)「F-09A」の後継モデルですが、F-09Aでは防水対応までは間に合いませんでした。富士通アドバンストテクノロジと連携し、スライドヨコモーションの操作性を保ち、なおかつ薄型化も図りつつ、防水性能を搭載できました。

―― 防水構造はどのように実現したのでしょうか。

城山氏 腐食しにくいステンレス素材をヒンジ部に使うことで、浸水しても問題がないようにしています。

久保氏 F-09Aでは(ディスプレイ部とキー部をつなぐ)細線ケーブルを使っていましたが、細線ケーブルは耐水性がないので、これを(耐水性のある)フレキケーブル(フレキシブルケーブル)に変えたことが大きな違いです。

城山氏 ディスプレイ部とキー部に隙間が空くと防水できないので、柔軟に動くフレキケーブルでその隙間を押さえることで、防水構造を実現しています。

―― スライドヨコモーションの構造自体はF-09Aと同じなのでしょうか。

城山氏 ディスプレイの裏側にパネルを貼ってキレイにするなど、構造は大きく変更しています。

山本氏 ディスプレイ裏側の“溝”はF-09Aよりも減らしています。また、F-09Aではどの本体色もディスプレイ裏側は黒で統一していましたが、F-06Bでは本体色に合わせた色にしています。

photophoto 左がF-09A、右がF-06Bのディスプレイ裏側

久保氏 細線ケーブルとフレキケーブルでは横スイングの動かし方が全く変わります。細線ケーブルでは横にスイングしたときに少し抵抗感がありましたが、フレキケーブルを使うことでスムーズに動くようになりました。F-09Aでは、完全に90度回さないと途中でディスプレイが止まってしまいますが、F-06Bは途中まで回すと、吸い込まれるように90度回ります。いわゆるアシスト機構ですね。また、縦横のスライドも、よりスムーズに動きます。

photo F-06Bは水深1.5メートル以内に端末を沈めた状態で撮影できる

―― F-06Bは水中でも撮影できるIPX8の防水性能に対応しています。

増田氏 やはり“防水の富士通”ということで、防水性能はリードしていきたいですね。

―― 水中カメラは、やはり夏の利用シーンをイメージしたのでしょうか。

米山氏 夏ということでプールでの利用を想定していますが、海水は保証しません。

―― 富士通の夏モデルはF-07Bが唯一防水に対応していませんが、今後は“全機種防水”を目指すのでしょうか。

米山氏 カメラが普通の機能になっているように、防水も普通の機能になるように頑張ります。

城山氏 F-07Bは細線ケーブルを使っています。フレキシブルケーブルを使って防水対応にするのは技術的なハードルがありますが、着々と開発を進めているので、ご期待ください。

photophotophoto モバイルフォン事業本部 マーケティング統括部 第一プロダクトマーケティング部 山本修久氏(写真=左)。モバイルフォン事業本部 モバイルフォン事業部長代理(機構・実装開発担当)兼第二技術部長 米山一暢氏(写真=中)。モバイルフォン事業本部 マーケティング統括部 第一プロダクトマーケティング部 担当部長 増田茂則氏(写真=右)
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.