ニュース
» 2010年08月04日 15時39分 UPDATE

ドコモ、モバイル向け電子書籍ビジネスに参入――大日本印刷と提携

NTTドコモが大日本印刷と提携し、モバイル機器向け電子出版ビジネスに参入。コンテンツの収集から配信、電子書店の運営までを手がけるとし、今秋のサービス開始を目指す。

[ITmedia]

 NTTドコモは8月4日、モバイル機器向け電子出版ビジネスの立ち上げに向け、大日本印刷と業務提携することで基本合意したと発表した。コンテンツの収集から配信、電子書店の運営までを手がける計画で、今秋のサービス開始を目指す。

 両社は、ドコモユーザーを中心とする利用者向けに、電子出版プラットフォームを共同で構築。書籍やコミック、雑誌などの電子出版コンテンツの収集や電子化、販売までを手がけるほか、ドコモの携帯電話やスマートフォン、タブレット型端末、電子書籍専用端末など、多様なデバイスに対応する電子書店の運営、大日本印刷グループのリアル店舗やオンライン店舗との連携などを推進する。

 今秋のサービス開始に向けて両社は、共同事業会社の設立の検討するとともに、コンテンツホルダーや端末メーカーなどに協力を依頼。海外向け配信も想定したビジネス展開を目指す。

 通信キャリアの電子書籍ビジネスへの参入については、KDDIがソニー、凸版印刷、朝日新聞と共同で電子書籍配信プラットフォームの構築を進めているほか、ソフトバンクグループのビューンがiPadやiPhone、ソフトバンク3Gケータイ向けに、定額で雑誌コンテンツを配信する「ビューン」の提供を開始している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう